【徹底解説】地方から東京への上京転職のメリット/デメリットと、成功の2つのコツ

「上京転職の憧れはあるけど、上京して実際に良いことってなんだろう?」

「上京転職って、どういうところが難しいんだろう?」

地方から東京への転職に興味はあるが、上京すると実際にどんないいことがあるのかが、また東京で転職するためにはどうすればいいのか分からないという相談をよく受けます。

そこでこの記事では、地方から東京に上京して転職することのメリット・デメリットを挙げ、上京転職のよくある失敗例と、成功させるためのコツについてご紹介します。

この記事を通し、一人でも多くの方が、地方から東京への転職の良し悪しを検討していただければ幸いです。

 

 

地方から東京に上京転職するメリット

地方から東京に上京し、転職したいと考えている方は大変多くいます。

しかし、上京転職することのメリット・デメリットを把握できている方は多くありません。

ここでは、地方から東京へ上京転職することの3つのメリットを紹介します。

 

◆メリット

  • 求人が多い
  • 様々な人と知り合える
  • 趣味が充実する

それぞれ順番に説明していきます。

 

メリット1:求人が多い

地方から東京へ上京転職するメリットの1つ目は、求人が多いことです。

東京には多くの会社が集まっており、その分多種多様な求人があります。

もちろん、求職者も多いため、転職しやすいとは一概に言えませんが、希望する職種・業種の求人を、見つけることができるはずです。

 

メリット2:様々な人と知り合える

地方から東京へ上京転職するメリットの2つ目は、多種多様な人と知り合えることです。

東京には外国人を含め、色んな地域から、色んな考え方を持った人が集まります。

様々な考え方を持った人と関わることが好きな方にとっては、東京は最高の場所と言えるでしょう。

 

メリット3:趣味が充実する

地方から東京へ上京転職するメリットの3つ目は、趣味が充実することです。

東京には居酒屋・バー・カフェ、など数え切れないほどの遊ぶ場所があります。

実際に上京された方から、「テレビで紹介されているお店に、行けた!」と報告を受けたこともあります。

また、お店の入れ替わりも激しいため、遊ぶ場所には事欠かないでしょう。

 

地方から東京へ上京転職するデメリット

地方から東京へ上京転職することは、メリットだけではなく、デメリットも存在します。

◆デメリット

  • 仕事がハード
  • 満員電車がしんどい
  • 生活費が高い

それぞれ順番に説明していきます。

 

デメリット1:仕事がハード

地方から東京へ上京転職するデメリットの1つ目は、仕事がハードであることです。

地方と東京では、働き方が異なることが多くあります。

東京に上京した方が口をそろえて言うのは、「社内外での競争が激しい」ということです。

東京の方が、仕事にスピード感や成果を求められることが多いため、その分仕事をハードと感じる人が多いようです。

 

デメリット2:満員電車がしんどい

地方から東京へ上京転職するデメリットの2つ目は、満員電車がしんどいことです。

東京の朝の通勤ラッシュは、入場制限がかかるほど混むこともあります。

特に満員電車に慣れていない地方出身者は、満員電車を本当にストレスと感じる人が多いようです。

しかし、実際に満員電車に乗りながら通勤している方はたくさんいますので、実際に乗ってみて体感して見るのもいいかもしれません。

デメリット3:生活費が高い

地方から東京へ上京転職するデメリットの3つ目は、生活費が高いことです。

東京の家賃は地方と比べて高く、東京の中心地である23区内だとワンルームの物件でも平均約7万円ほどかかります。

遊ぶ場所も多いので、当初の想定よりお金を使ってしまっているという話もよく耳にします。

 

上京転職のよくある失敗例

ここまで、地方から東京に上京転職することの、メリット・デメリットを説明しました。

「上京転職したい!」と思った方も多いかと思います。

しかし、東京に憧れて上京転職したが、失敗したと感じてしまう方もいます。

では、上京転職を実際にした際にどのような失敗が多いのでしょうか?

よくある失敗例はこの3つです。

  • 焦って転職先を決めてしまう
  • 東京でアルバイトをしながら、正社員を目指す
  • 友達が出来ず孤独感を感じる

順番に説明していきます。

 

失敗例1:焦って転職先を決めてしまう

上京転職のよくある失敗例の1つ目は、焦って転職先を決めてしまうことです。

地方から東京への上京転職を目指す人は、交通費・宿泊費など転職活動にお金が多くかかります。

そのため、転職活動をする中で、お金が徐々に減っていくことに焦り、十分に検討しないまま転職先を決めてしまうことがあります。

そうすると、転職先で少し辛いことがあった時に、「もっと入る企業を考えておけばよかった」となる場合が多いです。

 

失敗例2:東京でアルバイトをしながら、正社員を目指す

上京転職のよくある失敗例の2つ目は、東京でアルバイトをしながら、正社員を目指すことです。

東京は求人が多いですが、その分求職者も多いため、正社員としての面接を受けても落とされ続けることもあります。

そこで、東京でアルバイトをして生活費を稼ぎながら、正社員を目指す方もいますが、あまりオススメしていません。

というのも、東京は生活費が高いため、アルバイトだけで生活費を賄うには働かなければなりません。

そして、アルバイトに時間を割いているうちに、転職活動を行う時間も気力も失われてしまうことが多いです。

 

失敗例3:友達が出来ず孤独感を感じる

上京転職のよくある失敗例の3つ目は、友達が出来ず孤独感を感じることです。

上京転職をすると、仕事が変わるため、ストレスを感じることも多いでしょう。

ただ上京後、頼りにしていた地元の仲のいい友達や両親と離ればなれになります。

上京して友達が出来ていないと、ストレスを感じても近くに誰も相談する相手がいなく、孤独感を感じてしまいます。

 

地方から東京への転職を成功させるためのコツ

先ほど、地方から東京に上京転職したときの、よくある失敗例を説明しました。

では上京転職を成功させるためにはどうしたらよいのでしょうか?

上京転職を成功させるためのコツは次の2つです。

  • 先に仕事を決めてから上京する
  • 積極的に人に話しかける

それぞれ順番に説明します。

 

成功のコツ1:先に仕事を決めてから上京する

上京転職を成功させるための1つ目のコツは、先に仕事を決めてから上京することです。

地方から東京に上京してから転職活動を行うと、貯金が減ってくことで焦りが生まれ、正常な判断を下せない場合があります。

そこで、交通費や宿泊費が多少かかっても、地元での仕事を続けながら転職活動を行うことをおすすめします。

最近ではオンライン面接など取り入れている企業も多いため、地元で仕事をしながらの転職活動がしやすくなったと言えます。

 

成功のコツ2:積極的に人に話しかける

上京転職を成功させるためのもう1つのコツは、積極的に人に話しかけることです。

地方出身者の中には、友達が少ないことを悩みの1つとしている人が多いです。

東京には地方出身者がたくさんいるので、積極的に話しかけにいけば相手も喜び、そこから仲良くなる可能性も高いでしょう。

 

まとめ

いかがでしでしょうか?

今回は、地方から東京に上京転職するメリット・デメリット、上京転職のよくある失敗例、成功させるためのコツを紹介しました。

これで、地方から東京へ上京転職することを比較し、上京への一歩を踏み出すことが出来ると思います。

上京転職を少しでも考えている方は、是非参考にして下さいね!

 

 

※ 転職相談受付中(無料)

※ 転職相談受付中(無料)

上京転職ラボ(サービス名:リモート転職)では、東京への就職・転職を考えている方向けに相談を受け付けています。

「就職・転職」に関する悩みや、「上京」「東京」ならではの疑問など、転職希望者の幅広いご相談に対応しています。

対面・Web通話・電話でお話をお聞かせいただきます。費用はもちろん”無料”です。

 

転職相談をご希望の方は、以下の申し込みフォームからご連絡ください。

リモート転職の担当から、メールにて相談の日時を調整させていただきます。

*転職シーズンということもあり、相談申し込みが殺到しています。メール返信にお時間がかかる可能性があります。ご了承下さい。