上京!転職!納得のいく志望動機を見つけるまで


【プロフィール】

深見 和哉(26歳)
同志社大学 法学部

前職:製薬メーカー(MR職)
転職先:医療系コンサル企業
勤務地:鹿児島県

大学卒業後、鹿児島県で製薬メーカーに2年間勤務。その後、ステップアップを目指し、東京への転職を決意。医療系コンサル会社に入社。


 

<転職データ>
転職期間:4ヶ月
東京に来た回数:4回
かかった費用:約60000円

 

【ポイント】
●肝心の志望動機が思いつかず、企業に合わせた志望動機を作ってしまっていた。
●どんな価値観を大切にして上京転職をするのか考えても答えが出なかった。
●複数内定から1社を決める決断や上京した際の家探しなど内定した後が意外と大変だった。


▼目次

  1. 転職を決意したきっかけ
  2. 転職活動する上での悩み
  3. 悩みの解決方法
  4. 内定後に新たな問題点 発生
  5. まとめ

◆「転職して東京で挑戦したい!」という想いが抑えきれなくなった。

大学卒業後は大手製薬メーカーでMRの仕事をしていました。MRの仕事は想像以上に楽しくて、医師を相手に薬剤の提案などをすることは非常に充実していました。

しかし、想定外だったのは配属先が鹿児島だったことです。いずれ、東京や大阪などの都市部に戻って勤務できる可能性はあったのですが約5年間は九州での勤務ということが決まっていました。

営業活動では鹿児島から移動して種子島で仕事をすることも多くあり、移動時間が勿体無いなとも感じていました。そして社会人2年目になり、ある程度業務になれてきたことや社内で営業成績を表彰されたことも重なって、漠然とステップアップしたいという気持ちが出てきたため転職活動を始めようと思いました。

 

◆肝心な志望動機が見つからない

転職活動をする決意をしたものの、自分が何をしたいのかが正直、自分自身がわかっていませんでした。MRの経験を生かしたいと思っていたので医療系のITベンチャー企業に興味を持ちましたが具体的にどんな企業があるのかわかりませんでした。

そこで転職エージェントに登録してみると、すぐに複数の企業の紹介がありました。しかし、なんとなくの気持ちで転職活動を始めてしまったため、いざ面接を受けてみると志望動機が全然思いつかないのです。

”上京したい”という強い想いはあるはずなのに”何がしたいのか”、そして”何を大切にしたいのか”ということが全然わかっていないことに気がつきました。

◆どんな価値観を大切にして上京して転職をするのか。

自分は何がしたいのか、そして何を大切にしたいのか、一人で考えてみましたが全く答えが出ませんでした。そこでリモート転職に相談しました。Skypeで相談をしたのですが、取り繕った志望動機を話す私に対してカウンセラーの方は「本音はどうなのか?」と何度も尋ねました。

カウンセラーの方に言われるまで気づいていなかったのですが、私自身が転職活動の軸を持っていなかったせいで、自然と面接を受ける企業に合わせた志望動機を作ってしまっていたのです。

このままではまずいと思い、それから毎週1時間、時間を固定してカウンセラーの方に相談する時間を作りました。

そこで毎回、自己分析の深堀りをマンツーマンで行っていきました。自己分析をしなければいけないとわかってはいるものの中々ひとりではする気になれなかったのですが、あえて時間を固定して半ば強制で考える時間を作ることで自己分析が深まり、企業選びの軸や何を大切にするのかの優先順位などが明確になって行きました。

 

最終的には、企業選びの軸として

・東京で勤務できる

・前職のMR経験を生かすことができる

・薬剤だけでなく幅広い提案ができる

 

という企業選びの軸を定めて医療系のコンサルティング会社を中心に面接を受けました。

結果、いくつかの会社から内定をもらうことができました。

 

◆地方からの転職活動で一番しんどかったのは内定した後

内定した後は入社企業の決断と家探しの2つで頭を悩ませました。無事、いくつかの希望企業から内定をもらったのですが、その中から1社を決めることにとても神経を使いました。

リモート転職のカウンセラーの方に相談をしたところ、投げやりに決めようとしている私に対して「ここで適当に決めたらまたすぐに転職したくなってしまうから一緒に最後まで考えよう」と親身に寄り添ってくれました。

内定先のいくつかの企業に対して惹かれているポイントや懸念しているポイント、そして入社することで想定されるメリット・デメリット、そしてどちらの企業が転職の軸とマッチしているかどうかを一緒に考えていきました。

十分にメリット・デメリットを整理した上で、自分自身で納得のいく決断をすることができました。また、転職が急遽決まったため引越しの準備を早急にする必要がありました。そこで困ったのが東京での家探しです。

時間も無ければ、東京の土地勘もなかったのですが上京アドバイザーの方に様々な土地のメリット・デメリットをお伺いしました。そして不動産会社の方もご紹介していただくことで3日以内に東京での住居を決定することができました。

 

◆転職活動を終えてみて

たくさんの不安と戦う4ヶ月間でした。鹿児島で働いているとどうしても平日に面接することが難しく、本格的に動けません。

もちろん退職してから転職活動に専念することができればいいのですが、退職して転職先がすぐに決まらなかったことを考えるとハードルは高いと感じました。そして何より転職活動は一人で挑むため、モチベーションの維持が大変でした。日々の業務に追われてつい転職活動が疎かになってしまう。

転職したいという気持ちはあるのですがどうしても進まないことがありました。特に自己分析は一人でだと気が重くて進みませんでした。就活の時のようにイベントに参加しようと思っても鹿児島では大規模な転職フェアなどがなく、会える人が少ないことにも悩まされましたし、東京に行く機会も限られるため面接のスケジュール調整も非常に大変でした。

心が折れそうになる瞬間は正直たくさんありましたが、リモート転職に頼ることでSkypeでの毎週のカウンセリングだけでなく、ちょっとした相談や困ったことがあった時にはLINEや電話などで緊急の相談に乗ってくれたため二人三脚で転職活動を進めることができました。

これから新しい仕事に就くことでドキドキもありますが、これから待ち受けている東京での生活が本当に楽しみです。

 

※ 転職相談受付中(無料)

※ 転職相談受付中(無料)

上京転職ラボ(サービス名:リモート転職)では、東京への就職・転職を考えている方向けに相談を受け付けています。

「就職・転職」に関する悩みや、「上京」「東京」ならではの疑問など、転職希望者の幅広いご相談に対応しています。

対面・Web通話・電話でお話をお聞かせいただきます。費用はもちろん”無料”です。

 

転職相談をご希望の方は、以下の申し込みフォームからご連絡ください。

リモート転職の担当から、メールにて相談の日時を調整させていただきます。

*転職シーズンということもあり、相談申し込みが殺到しています。メール返信にお時間がかかる可能性があります。ご了承下さい。

 

 

【無料相談受付中】地方からの上京就職・転職説明会

地方からの上京就職・転職説明会