失敗したくない!地方から東京への上京で失敗したと感じるポイント5つと、成功させるための3つのコツ

 

「東京に上京したい!けど、失敗したらどうしよう…」

上京のサポートを行う中で、このような悩みを抱えた方によく出会います。

転職や上京は、非常に大きな決断です。だからこそ、後悔しないようにしたいと誰もが思っています。

しかし、実際に上京して、毎日充実した生活を送っている方もいれば、上京しなければよかったと上京を失敗に感じている方がいるのも事実です。

この記事では、上京して失敗したと感じている人が何に失敗しているのかのポイントを説明し、上京を成功させるためのコツを紹介します。

この記事を読むことで、上京のリスクも把握した上で、上京を目指して頂けたら幸いです。

 

 

東京への上京で失敗したと感じるポイントとは?

住み慣れた地元から東京に上京すると、地元との違いに戸惑い、失敗したと感じる方もいます。

地方から東京への上京で、失敗したと感じるポイントは大きく5つ挙げられます。

  • 自分に合う仕事が見つからない
  • 生活費が高い
  • 満員電車が耐えられない
  • 人が冷たい
  • 気の合う友達ができない

それぞれ、簡単に説明していきます。

 

自分に合う仕事が見つからない

上京して失敗したと感じるポイントの1つ目は、自分に合う仕事が見つからないことです。

とにかく上京したいという思いが先行して、なんとなく来てしまい、結果的に仕事が辛くて「失敗した、、」と感じてしまうようです。

また、もっと上京の目的を考えて、自分に仕事を選べば良かったと後悔するようです。

確かに全国各地から東京で働きたいという人が集まっているため、数字以上に仕事を見つけるのが難しい事実はあります。

しかし、東京都の有効求人倍率は1.53倍と高いので、上京の目的をしっかりと考えて仕事を探せば、地方より自分に合う仕事が見つかる可能性は高くあります。

*引用 : 厚生労働省 一般職業紹介状況(平成29年11月分) 季節調整値

 

生活費が高い

上京で失敗したと感じるポイントの2つ目は、生活費が高いことです。

東京は賃金が高い分、生活費も高いです。

特に家賃は23区内だと1ルームでも平均7万円/月ほどかかります。

そのため、家賃が負担になってあまり飲みに行ったり趣味を充実できないことがあるようです。

東京に来ることで、好きなバンドのライブに行ったりと趣味を充実させられると思っていたのに、お金の面で苦しくなると、上京に失敗したと感じてしまうようです。

 

満員電車が耐えられない

上京で失敗したと感じるポイントの3つ目は、満員電車が耐えられないことです

私自身も、関西から東京に引っ越した当初は満員電車に衝撃を受けました。

特に朝の通勤ラッシュは、「もう乗れない!」いうところからさらに10人ほど乗って来ます(笑)

時には、乗車数が多すぎて、改札での入場制限がかかることもあります。

慣れてしまえばなんともないのですが、満員電車に慣れていない上京したての頃はは大変ストレスに感じます。

 

人が冷たい

上京で失敗したと感じるポイントの4つ目は、人が冷たいと感じることです。

地方に比べて、東京の方がドライという表現をよくします。

地方で働いている人からは、よく地方は仕事をする上でも人が温かくて働きやすい環境だということを耳にします。

しかし、東京はドライに接する方が多いです。

そのぶん、やりやすさもあるのですが、温かい暖かい環境に慣れている人からすると、「東京の人は冷たい」と感じてしまい、上京しなければ良かったと思うようです。

 

気の合う友達ができない

上京で失敗したと感じるポイントの5つ目は、気の合う友達ができないことです。

地元から東京へ上京すると、地元の仲のいい友人と離れることになります。

同時に、東京で新たな友人関係を形成していく必要があります。

これまでの自分を知っている人はいないので、1からの友人関係の形成が必要です。

しかし、実際に新たな友人関係の形成が億劫になり、気の合う友達ができず、後悔してしまう方がいます。

 

東京への上京を失敗せずに成功させるためのコツ

ここまで、東京への上京を失敗したと感じる、5つのポイントを紹介してきました。

では、東京への上京を失敗せずに、成功させるためにはどうすればいいのでしょうか?

東京への上京を成功させるためのコツは以下の3つです。

  • 上京の目的を明確にして仕事を決める
  • 家選びを慎重に行う
  • 交友関係の幅を広げる

それぞれ、順番に紹介していきます。

 

上京の目的を明確にして仕事を決める

東京への上京を成功させるためのコツの1つ目は、上京の目的を明確にして仕事を決めることです。

どんな仕事でも辛いことはきっとあります。それは東京に来ても同じです。

そんな仕事で辛い時に「私はなんで東京に来たんだろう」と、後悔して欲しくありません。

だからこそ「私はこのために東京に来たんだ」と言える何かを持っておく必要があります。

もちろん東京への憧れが転職・就職のきっかけでも構いません。

しかし、いざ上京する際には、もう一段深く考えて「私はこのために東京に行くんだ」という上京の目的を考えることをオススメしています。

 

家選びを慎重に行う

東京への上京を成功させるためのコツの2つ目は、家選びを慎重に行うことです。

東京で生活する上で、家選びは、仕事選びと同じくらい重要です。

家選びをじっくり行うことには、

  • 家賃の安い家を見つけて、生活費を抑えられる
  • 家の場所によって、満員電車を回避できる

などのメリットがあります。

自分にとってより良い家を借りるために、不動産会社や東京に住む友人に相談することおすすめしています。

どの路線が混んでいるのか、どのエリアが住みやすいか、家賃が安いかなど、東京に住む人にしか分からない情報を得ることで家選びを成功させましょう。

 

交友関係の幅を広げる

東京への上京を成功させるためのコツの3つ目は、交友関係の幅を広げることです。

これまでの友人だけでなく、幅広く気の合う友達を見つけることをオススメしています。

東京には、地方から東京に上京してきた人も多くいます。

つまり、地元の友人と離れ、東京での友達が欲しいと感じている人がたくさんいるはずです。

これまでの交友関係の留まるのではなく、積極的に人に話しかけることで、あなたと同じ境遇の人に出会い、仲良くなることができるかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回の記事では、東京への上京で失敗したと感じるポイントと、失敗させずに成功させるためのコツを紹介しました。

これであなたも、上京を失敗しないように対策を立てることができるかと思います。

ぜひ上京転職を成功させ、東京で充実した生活を送りましょう!

 

※ 転職相談受付中(無料)

※ 転職相談受付中(無料)

上京転職ラボ(サービス名:リモート転職)では、東京への就職・転職を考えている方向けに相談を受け付けています。

「就職・転職」に関する悩みや、「上京」「東京」ならではの疑問など、転職希望者の幅広いご相談に対応しています。

対面・Web通話・電話でお話をお聞かせいただきます。費用はもちろん”無料”です。

 

転職相談をご希望の方は、以下の申し込みフォームからご連絡ください。

リモート転職の担当から、メールにて相談の日時を調整させていただきます。

*転職シーズンということもあり、相談申し込みが殺到しています。メール返信にお時間がかかる可能性があります。ご了承下さい。

 

 

【無料相談受付中】地方からの上京就職・転職説明会

地方からの上京就職・転職説明会