2019.01.13転職経験談

【経験談】社会人ワーキングホリデーを経て、上京転職した理由とは?

【プロフィール】

崎 直紀 (27歳)

前職:給与計算のアウトソーシング企業
転職先:人材系ベンチャー(営業)

関西の大学を卒業後、給与計算のアウトソーシング企業で2年半勤務。その後、退職してオーストラリアにワーキングホリデーを決意。帰国後、関西と東京にて転職活動を始める。東京で経験できるキャリアに魅力を感じ、東京勤務の人材系ベンチャーへ転職。

<転職データ>
転職期間:4ヶ月
東京に来た回数:1回
かかった費用(交通費等):約6万円

【ポイント】
●ワーキングホリデーの経験を活かし、将来的には海外で働きたい
●まずは営業経験を積むために東京勤務を選択
大事なことはしたいことが今出来ているのか。今あるものを捨てる決断も必要

 

 

今後のステップアップを見据えて、転職を検討し始める

大学卒業後は、新卒で給与計算のアウトソーシング企業に入社しました。入社を決めた理由は、給与計算という領域の専門性が高く汎用性もあると感じたからです。

実際に入社して働き始めると、高度で専門的な知識が身につき、コンサルタントとしてお客様の要望に沿った納品ができるようになりました。

ただ、今後のステップアップを考えると、自分の成果が形として評価される仕事で、より高度な仕事がしたいと思うようになりました。そのためには、数年後には役職に就いて、よりレベルアップした仕事がしたいと考えました。次の役職に就くためには、あと10年ほどかかることと知ったことがきっかけとなり、転職を考えるようになりました。しかし、まだ入社してから1年半という期間ということもあり、まだ決断するには早いと考えたためとにかく目の前の仕事に没頭していました。

 

英語を話す家族に憧れ、ワーキングホリデーを決意

入社から2年半ほど経った頃のことです。オーストラリアでホームステイしていた大学生の弟が日本に帰国してきました。実は、父もオーストラリアへの留学経験があり、父と弟が家で英語で会話をしていました。

二人の会話を聞きながら、「自分も会話に入りたいな」と羨ましく感じていました。そんな時に、弟がホームステイしていた家族から「弟は来たのに、あなたは来ないの?」と誘われて、自分にも留学のチャンスがあることに気づきました。

大学生である弟とは違い、社会人である自分が留学するためには、会社を辞める必要があり、社会人経験にブランクを空けてしまうことはとても不安でした。

しかし、ちょうど転職を検討していたこともあり「ここで行かなければ一生後悔し続ける」と考えて、帰国後の転職先には多少の不安を残しつつ、1年間のオーストラリアへのワーキングホリデーを決意しました。

ワーキングホリデーの経験をどう生かすべきか

ワーキングホリデーでは、日常会話レベルの英語を話せることを目標にした結果、生活では困らないレベルの英語力が身に付き、外国人留学生の友人もたくさんできました。

そして、1年間はあっという間に過ぎ、帰国するといよいよ転職活動が始まりました。

まずは、自分と同じように社会人でワーキングホリデーを経験した人がどのような転職活動をするのかを知るために、インターネットで調べてみました。しかし、参考になる情報があまりにも少なく困りました。

そこで、自分だけで調べるには限界があると思い、大手転職サイトに複数登録をしました。

複数のサイトに登録した中の1つが、リモート転職でした。親身なアドバイスがもらえそうだと感じたため申し込みを決めました。実は東京より、自分自身の出身である関西で働きたいという思いはあったのですが、一度話を聞いてみようと思いました。

リモート転職のアドバイザーとお話をする中で、社会人としての空白期間が不利になる可能性はあるが、”なぜ、ワーキングホリデーを決意し、その意思決定によって何を得たのか”を明確に言語化することができれば選考において有利になることもあるとアドバイスを頂きました。

また、職務経歴書の自己PRも添削して一緒に作成するなど、細かい対応をしていただくことができました。

 

英語を使う仕事ではなく、海外でも活かせるキャリアを積む

転職活動を始めた当初、転職活動の軸として2つを挙げていました。

1つ目は、若くから裁量のある仕事ができること、そして2つ目が海外駐在ができることです。

当時、社会人4年目にあたる年齢だったのですが、より早く成長して役職者としてマネジメントなども経験したいと考えていました。また、せっかくオーストラリアへのワーキングホリデーを通して英語を勉強したので、英語を使う仕事に就きたいと考えていました。

しかし、ワーキングホリデーで培った英語力がどれほど仕事で活かせるのかは分かりませんでした。リモート転職から紹介を受けた転職エージェントの方に相談したところ、今の僕の英語力ではビジネスレベルとしては不十分というアドバイスを受けました。

そこで、2つ目の軸をもう一度考え直した結果、すぐに海外で働くのではなく、いつか海外で働けるように

・海外でも活かせるキャリアを積むことができる

ということを2つ目の軸にし、転職活動を行うことにしました。

 

東京で働くことで得られる経験を優先した

転職活動の軸が固まってからは、順調に転職活動が進み、結果的に2社の企業から内定をいただきました。

実は、内定をもらったうちの1社は東京勤務でもう1社は関西勤務でした。出身が関西ということもあり、正直かなり悩みました。

そこで、どちらで働くことが得られる経験値が大きいだろうとよく考えました。すると、やはり東京で勤務する会社の方が圧倒的に得られる経験が大きいと感じ、東京で働くことを決意しました。関西に戻って働くことはもう少し先でもいいかなと判断をしたからです。

実際に転職をしてみて、今の会社は前職に比べて平均年齢が若く、自分自身が成果をあげれば役職に就くことも可能です。順調にいけば、来年の4月には役職に就けるかもしれないという期待を抱きながら日々仕事に取り組んでいます。

また、アジアを中心に積極的な海外展開をしているため、将来的には海外駐在にも挑戦したいと考えています。

いつか、社会人ワーキングホリデーの経験を絶対に生かすぞとポジティブに働くことができています。

本当にやりたいことのためなら、何かを捨てる決断も大切

この転職活動を通して、強く感じたことはやりたいことを実現するためには何かを捨てる決断が大切だということです。

僕が社会人ワーキングホリデーに行くと決めた際には、”社会人経験のブランク”という大きなリスクがありました。しかし、それでも後悔したくない。という強い思いが勝りました。

自分がやりたいことを実現するためには、リスクはつきものです。何も失わずに自分のやりたいことを実現するなんていう都合のいい話はありません。だからこそ、リスクを承知の上で何かを捨てる決断をし、その決断を正解にしていくしかないということに気づくことができました。

転職や社会人ワーキングホリデーなど、進路について悩んでいる方は”何を実現したくて、何を捨てることができるのか”についてじっくり考えてみることをおすすめします。

 

カンタン30秒カンタン30秒!無料転職相談はこちら未来を切り開く
20代の上京特化型支援サービス
リモート転職は、地方から東京に上京する20代の若者に特化して仕事と住まいの支援をしています。地方からの不安な上京を2人3脚で伴走します。
カンタン30秒!無料転職相談はこちら