2018.10.26転職ノウハウ

【目指すは短期決戦】上京しての転職活動の期間を長引かせない2つのポイントとは?


「転職活動を長引かせたくない!」

地方から上京して転職活動をされる方なら誰もが望むことです。

地方からの転職活動は、面接での交通費選考にかかる期間など心配になることがたくさんあります。

そのため、できるだけ効率的に転職活動を進めたいと思う方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「転職活動を行う際に目安となる期間や応募社数、そして、転職活動を長引かせない2つのポイント」についてご紹介します。

上京転職に不安を感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

地方からの転職活動期間の目安は約3~7か月

地方からの転職活動の開始から内定までの期間は、約3ヶ月~7ヶ月です。

大手転職サイトの情報によると、平均的な転職活動期間は3か月~6か月と言われています。

しかし、地方からの上京転職の場合、退職してから転職活動を始める場合と現職に勤めながら転職活動を行う場合とで大きく差が出ます。

退職してから転職活動を行う場合は、早い傾向にあり、現職に勤めながらの場合は長期化する傾向にあります。

実際のリモート転職のサービスの利用者に関しても

退職してから行なった場合:平均:3,2ヶ月

現職に勤めながらの場合:平均4,6ヶ月

という結果が出ています。

早い方だと2ヶ月で内定まで決まる方もいますが、長期化する方だと7ヶ月以上かかることもあります。

 

地方からの転職の平均応募社数は約7.5社程度?

地方からの東京への転職での平均応募社数は約7.5社程度です。

マイナビ転職によると、転職での応募社数平均は8.4社と言われています。

しかし、地方からの転職の場合は、交通費などの費用がかかるため、より応募社数を絞って受ける傾向があります。

実際に、リモート転職のサービスで直近で支援した2名の方は

①、8社応募して、3ヶ月で内定獲得

②、6社応募して、4ヶ月で内定獲得

という結果が出ています。

 

転職を短期決戦で終わらせる2つのポイントとは?

では、できるだけ短期決戦を目指して、効率的かつ後悔しない転職活動をするためにはどうしたらいいのでしょうか。

ポイントは2つ挙げられます。

それぞれ、説明していきます。

 

1、計画的な応募

転職を後悔なく、短期決戦で終わらせるための1つ目のポイントは、計画的な応募です。

地方から上京される方の中には、「とにかく、たくさん応募しないと」と思って、闇雲に企業に応募してしまうことがあります。

しかし選考は、1つの企業でもそれなりに労力がかかります。

面接で東京に行くことも、もし行かなかった場合の内定辞退も非常に体力を使うのです。

まずは幅広く興味を持つことが大事ですが、闇雲に応募するのではなく、”どんな軸で企業を受けるのか”を明確にした上で、計画的に応募することをオススメしています。

 

2、目的の明確化

転職を後悔なく、短期決戦で終わらせるための2つ目のポイントは、目的の明確化です。

「なぜ、転職活動をするのか」を明確にする必要があります。

”何となく”、”今よりちょっといい企業があれば”という気持ちで転職活動を始めてしまうと、体力が消耗するだけで、内定をもらった場合も、意思決定できないことがあります。

自分の中で意思決定の基準ができていないからです。

「転職に何を求めるのか、そもそもどうして転職活動をするのか」を明らかにすることをオススメします。

その上で、具体的な期限を設定し、ゴールから逆算して進めていきましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

転職活動を行う際に目安となる期間や応募社数、そして、転職活動を長引かせない2つのポイントについてご紹介しました。

地方から上京転職を検討する誰もが、効率的に後悔のない転職活動を行いたいと思います。

短期決戦で終わらせたい人ほど、事前準備を徹底し、軸の明確化やゴールから逆算して行動することをオススメします。

カンタン30秒カンタン30秒!無料転職相談はこちら未来を切り開く
20代の上京特化型支援サービス
リモート転職は、地方から東京に上京する20代の若者に特化して仕事と住まいの支援をしています。地方からの不安な上京を2人3脚で伴走します。
カンタン30秒!無料転職相談はこちら