2018.10.30転職ノウハウ

【成功事例】地方から東京に転職する流れと成功する方の共通点について

初めまして。上京を支援するリモート転職を運営する株式会社Carionsの山下です。

前職のリクルートスタッフィングを退職した2017年6月末から2018年10月現在まで約1年半の期間、上京転職を支援してきました。

ありがたいことに、上京を成功する方が何人も生まれて、”自己分析のお手伝い””実際の上京した方の事例の共有など”について喜んでいただけることが増えました。

これは、当初の目標だっただけに非常に嬉しく思っています。

更に嬉しいことに、実際に上京をお手伝いができた方から地元の友人や会社の友人を紹介していただくことが増えています。

WEB経由での申込も最初は月に1人、2人という状況でしたがこちらのブログがよく読まれるようになり、毎月たくさんの方から申込が入るようになりました。

しかし、上京転職は支援すればするほど、大変であることに気付かされます。

今回は、上京転職を成功させている方の事例を元に「地方から東京に転職する際の流れと成功させる方の共通点」について説明していきたいと思います。

 

そもそも上京転職をするべきなのか否かを検討する

まず、そもそも上京転職するべきなのか否かを検討するところから始まります。

もし、明確に東京で働きたい理由があればきっとすでに動いているはずです。

しかし「東京で働きたい」という思いと「踏み出すことへの不安」の両方があるため、なかなか動き出せないことがほとんどです。

実際に、転職活動が始まると「企業を選んで、書類作成して、面接対策をして、面接を受けて、受かったり落ちたりして、やっと内定をもらい、企業と条件交渉をし、上司に退職交渉して、引越しをして、、、」と精神的にも肉体的にもかなり負担がかかります。

(あえて大変そうに書きましたが 笑)

どうしても、目の前の仕事が忙しかったり、東京への温度感が高まっていないと、モヤモヤしたまま状態で現職での仕事を続けてしまい、動き出せないことは多くあります。

そういう方は、家族や仲の良い友人に相談したり、実際に上京した人から話を聞くなどして、モヤモヤを取り払っている傾向にあります。

また、転職エージェントではなく、国家資格キャリアコンサルタントへの相談をする場合もあります。

国家資格キャリアコンサルタントは求人の提案ではなく、モヤモヤしている原因を一緒に考えて、そのモヤモヤを払拭するためにはどうしたらいいのかを支援してくれる存在ですので、客観的な立ち位置でアドバイスをくれるかもしれません。

→国家資格キャリアコンサルタントへの相談もこちらから受け付けています。

 

事前準備について

転職すると決めた場合、選考を受ける前に3つの事前準備しています。

  1. 東京で働きたい理由を明確にする
  2. 転職活動の軸を決める
  3. 優先順位を検討する

 

東京で働きたい理由を明確にする

1つ目、東京で働きたい理由について明確にすることです。

当たり前ですが、仕事は楽しいことだけではありません。

だからこそ、「なぜ東京で働きたいのか」という思いを自分自身が認識している必要があります。

上京の理由についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

 

転職活動の軸を決める

2つ目は、転職活動の軸を決めることです。

「何屋さんになる」というレベルでなくてもいいと思います。

しかし「将来、どうなりたいか」を考えている人が上京転職を成功させています。

例えば「どんな環境にも順応して、企業に利益を残すことで、重宝される存在でありたい」「自分自身で事業を作れるようになりたい」などがあります。

自分自身が、将来どうなりたいかを考えることで、そのために今どのような経験を積む必要があるのかを考えているようです。

 

優先順位を検討する

3つ目は、優先順位を検討することです。

つまり、「働く上で譲れないものは何か」を明確にすることです。

企業に求めることを挙げだすと、キリがありません。

給料が良くて、会社基盤が安定していて、風通しが良くて、事業が伸びていて、、とたくさん出てくるのではないでしょうか。

もしかしたら、転職をすることで求めることが全て満たされるかもしれません。

しかし、そのようなケースはほとんどないと言っても過言ではありません。

だからこそ、その中でも何が大切なのか、譲れないものが何なのかを明確にしていることが多いです。

 

東京で働くメリット

実際に東京に来ることをイメージし、メリットとデメリットを事前に考えています。

ここでポイントなのが、メリットだけでなくデメリットも考えておくことです。

  1. 仕事の種類が多い
  2. 給料の相場が高い
  3. 出会いの幅が増える

それぞれ、説明していきます。

 

メリット①:仕事の種類が多い

メリットの1つ目は、仕事の種類が多いことです。

当然のことかもしれませんが、東京は企業数が圧倒的に多いです。

そのため、仕事も様々です。地方では、なかなか募集がないような企業、業界、職種での応募があります。

経験を積むことで、新たな仕事への挑戦のチャンスもあるのではないでしょうか。

実際に、東京に来て新たな仕事を始める方は、非常に多くいます。

 

メリット②:給料の相場が高い

2つ目は、給料の相場が高いことです。

同一労働同一賃金という考え方がありますが、やはり東京の方が給与の水準が高く感じます。

実際に、地方から東京に転職した方のほとんどは、給料が上がっているなと肌で感じます。

もちろん企業・業界・職種・雇用形態にもよりますが、東京に来て大幅に下がったという方はあまり見たことがないというのが本音です。

 

メリット③:出会いの幅が増える

3つ目は、出会いの幅が増えることです。

東京には、たくさんの人がいます。

私も東京に来て、「世の中には面白い人がいるんだな」と感じることが非常に多くあります。

例えば、友人が東京にいる方も多いのではないでしょうか。

その友人との繋がりからさらに、友人の輪が広がることもあり、新しい仲間との出会いも豊富にあります。

一方で、変わったビジネスを持ちかけてくる人もいるので気をつけてください。

私は、東京に来て10回以上怪しいビジネスを持ちかけられた経験があります。

 

東京で働くデメリット

東京で働くには、デメリットもあります。

デメリットも理解した上で、決断することをオススメします。

  1. 人が多い
  2. ハードな仕事もある
  3. 物価が高い

それぞれ、説明していきます。

 

デメリット①:人が多い

1つ目は、人が多いことです。

小さなことかもしれませんが、本当に東京は人が多いなと感じます。

毎朝の満員電車はもちろん、意外と辛く感じることは都内で落ち着いたカフェがなかなかないことです。

私は関西の田舎出身ですが、落ち着いたカフェで休むのが好きだったため、東京の飲食店は狭いお店が多く、隣の人と席が近いことや、隣の話し声が必要以上に耳に入ってきたりと、息苦しく感じてしまいます。

 

デメリット②:ハードな仕事もある

2つ目は、ハードな仕事もあるということです。

ビジネスの中心ということもありますし。人が多い分競争が激しいこともあります。

もちろん東京に限った話ではないかもしれませんが、変化のスピードが早いため、その分ついていくのも大変です。

地方でのまったりとした仕事と一転してハードになるため、しんどく思う方がいることも事実です。

 

デメリット③:物価が高い

3つ目は、物価の高さです。

特に感じるのは、家賃とご飯です。

私は、新卒で東京に来た際に相場がわからず、少し高い家を借りてしまい、後悔しました。

家賃は毎月払うので、できるだけ抑えることをオススメします。

また、お昼もほとんどのランチメニューが、1000円前後の値段で驚きました。

 

地方からの転職活動を成功させている方の共通点

上京転職を成功させている人の共通点として、3つご紹介します。

  1. 書類作成を一人でしない
  2. 軸に沿って幅広く企業を受ける
  3. 転職エージェントと上手に付き合う

それぞれ、説明していきます。

 

書類作成を一人でしない

上京転職を成功させている方の共通点1つ目は、履歴書・職務経歴書などの書類作成を一人で作らないことです。

誤字・脱字はもちろん表現の仕方、自己PRの内容など、選考にも大きく関わります。

だからこそ、一度作ったものを人事の経験者や人材業界での経験者に見てもらうことで客観的な意見をもらうことをオススメします。

書類選考で落ちて、面接に進めないと大きな機会損失になることはもちろん、書類の内容を元に面接が進むこともあるので、あまりにも浅い内容を書類に書いてしまうと面接で不利になってしまいます。

ちなみに、リモート転職では「職務経歴書の自己PR」の項目を特に注力して支援しています。

一番「らしさ」が現れる項目であり、作成することが難しい項目です。

仕事において、頑張ったことをヒアリングして、深く掘り下げる中でそれぞれがもつ強みを引き出すようにしています。

 

軸に沿って幅広く企業を受ける

上京転職を成功させている方の共通点2つ目は、軸に沿って幅広く企業を受けることです。

自分自身の転職活動の軸に合う企業を、幅広く受けています。

地方からの転職は、金銭的にも体力的にも”東京から東京への転職活動”よりも負担が大きくなるため、受ける企業数が限られてくることがほとんどです。

だからこそ、事前準備でしっかりと転職活動の軸を考える必要があります。

そして、知らない企業でも軸に当てはまっている企業であれば積極的に受けています。

最初はどうしても、知っている会社を受けがちですが、知らなかった会社でも接点をもち、選考が進んでいく過程で、志望度が高くなることはよくあります。

 

転職エージェントと上手に付き合う

上京転職を成功させている方の共通点3つ目は、転職エージェントと上手く付き合っていることです。

地方から東京への転職は非常に孤独なので、二人三脚で支援してくれる人の存在は非常に大きいようです。

転職エージェントが、あなたの志向から外れた求人提案をする場合もあるかもしれません。

しかし、そんな時ははっきり「受けたくない」と意思表示しても問題ありません。

いくら深掘りして、転職の軸を確認したとしても、どんな求人がハマるかはわかりませんし、実際に、条件から外れた求人を提案しても、どこか惹かれる部分があり、そのまま入社するケースもあります。

私は個人的に地方の方こそ、転職エージェントを有効活用することを強くオススメします。

これはリモート転職を運営しているからではなく、地方の方情報不足に陥りやすい傾向があるのです。利用にはお金がかからないですし、「あなたを悪い企業に入れよう」と思っている方はほとんどいないと思います。

上手く付き合うことで、上京転職の成功に近づくと思っています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、上京転職を成功させている方の事例を元に「地方から東京に転職する際の流れと成功させる方の共通点」について説明しました。

地方から東京への転職は、大変なことがたくさんあります。

だからこそ、成功させた方の事例も参考にしながら、効率良く行うことをオススメします。

カンタン30秒カンタン30秒!無料転職相談はこちら未来を切り開く
20代の上京特化型支援サービス
リモート転職は、地方から東京に上京する20代の若者に特化して仕事と住まいの支援をしています。地方からの不安な上京を2人3脚で伴走します。
カンタン30秒!無料転職相談はこちら