2018.01.18転職

上京転職を成功させるためにすべき2つの準備とは?

 

「東京に上京して仕事がしたいけど、何から手を付ければ良いのか分からない」

そんな方に向けて、今回は上京転職に必要な準備についてお話します。

このページでは、上京前にすべき準備を、「資金」と「転職活動」の2つに分けて解説しています。

上京転職に際し、何をすべきか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

上京転職に必要な2つの準備とは

上京転職に必要な2つの準備は、

です。

それぞれ解説していきます。

 

資金の準備

東京で転職活動を行うためには、上京前にある程度まとまった資金を準備しなければなりません。

上京転職には様々な費用がかかります。

ここで上京に必要な費用を洗い出してみました。

 

宿泊費

上京転職に準備するべき資金1つ目は、宿泊費です。

宿泊費に、25000円くらい必要です。

 

東京のビジネスホテル・カプセルホテルの平均宿泊費用は、1泊4000円〜5000円が相場です。

また、ウィークリーマンションの場合、平均宿泊費用は1泊3000円〜5000円です。

 

宿泊費は以下のようにまとめました。

 

その他、ネットカフェ 治安面では少し問題があるものの、費用を抑えることが出来ます。

宿泊回数は、転職者によって様々ですが、リモート転職のサービスを利用して上京転職に成功されたSさんは6回でした。

ま現職が休みの土日にまとめて転職活動を行うことを考えると、内定までに週末の1泊2日 4000(円)×6回=24000円を目途に見ると良いでしょう。

 

交通費

上京転職に準備するべき資金2つ目は、交通費です。

少しでも安く済ませたい場合は、LCC(格安航空会社)や高速バスをおすすめします。

LCCを利用した場合、繁忙期を除くと成田-福岡間を約5200円、成田-大阪間を3700円で利用できます。

また、夜行バスであれば、東京-福岡間を8500円、東京-大阪間を2300円で利用でき、こちらもまたオススメです。

 

 

上京転職の平均宿泊回数を6回と考えて計算すると

LCC(東京-大阪)

夜行バス(東京-大阪)

かかります。

 

住まいにかかる費用

上京転職に準備するべき資金3つ目は、住宅関連費です。

東京に長期滞在し、家を借りたと想定した場合の費用も見ていきましょう。

敷金・礼金を含めた初期費用は、2ヶ月で約60万円かかります。

家賃を7万円を仮定した場合、おおよその内訳は以下となります。

◆ 住宅代(25万円)

◆ 家具・家電代(10万円)

◆ 生活費(2か月分:25万円)

 

転職活動の準備

上京転職の面接に関しても、準備が必要になります。

転職活動は、新卒の就職活動とは異なるフローで進むため、必要な準備も異なります。

必要な準備は以下2つです。

1つずつ確認していきましょう。

 

職務履歴書

転職活動で準備すべきもの1つ目は、職務履歴書です。

転職活動は、履歴書・職務経歴書の提出→面接の順番で選考が進みます。

職務履歴書とは、これまで応募者自身が経験してきた職務の内容(職務履歴)を自由形式で、詳しく記載する書類です。

これまでの経験をどのように転職先で活かせるのかを、端的に表現する為の準備が必要になります。

自分の職務履歴の整理を含めた自己分析が、重要になります。

 

面接

転職活動で準備すべきもの2つ目は、面接対策です。

面接は、新卒と違って、今までの職務履歴を転職先でどのように活かすことが出来るのかを端的に話すことの準備が必要です。

書類審査と同様に転職面接では、これまでの職歴をどのように次の仕事で活かせるのかが、たびたび問われることになります。

職務履歴書で整理した内容を、口頭でも答えられるよう準備しましょう。

職務履歴書と同様に念入りな自己分析を行い、第三者に面接内容の相談などを行ってみると良いです。

 

おすすめの転職エージェント6選

転職エージェントは、非常にたくさんありますが、その中でも私がオススメする6つの転職エージェントについてご紹介します。

それぞれ、特徴があるため、複数登録しておいて間違い無いです。

 

①リクルートエージェント

公式サイト: https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、求人数が圧倒的に豊富です。人材業界最大手なため、幅広く求人を薦めてもらうことができます。求人はシステム的にマッチングをしているため、マッチしていない求人が混ざっている場合もありますが、たくさんの求人数が送られてくるため、登録しておく方が良いと思います。

 

②パソナキャリア

公式サイト: http://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアは、独占求人を多く保有している特徴があります。パソナ社は、利益よりも社会貢献を大事にしており、私も新卒の就職活動でパソナキャリア社の説明会に参加し感動したことを覚えています。パソナキャリアも、幅広く求人を提案してもらえるため、登録しておいて損はありません。

 

③マイナビエージェント

公式サイト: https://mynavi-agent.jp/

マイナビエージェントは、20代の若手にマッチする求人が多くあります。また、「担当者が熱心に対応してくれた」という感想を耳にすることが多いエージェントでもあります。第二新卒の方などは必ず登録しておくエージェントの1つです。

 

④doda


公式サイト: https://doda.jp

dodaは、面接対策などのサポートに熱心な方が多いと耳にします。また、求人数が多く選択肢に困らないでしょう。推薦される求人には、マッチしていない求人も混ざっている可能性がありますが、自分自身で厳選していく必要があります。

 

⑤UZUZ

公式サイト: https://kisotsu.daini2.co.jp

UZUZは、第二新卒や既卒の方をメインに手厚いサポートをする会社です。私も何度もオフィスに訪れていますが、非常に活気があり、明るい雰囲気で面談している様子が印象的です。若手のキャリアアドバイザーや実際に第二新卒での転職を経験されている方が多く、境遇を理解してくれることも強みです。未経験からITエンジニアへのチャレンジのサポートも手厚いため既卒、第二新卒の方やこれからITエンジニアを目指したい方は必ず登録しておくことをお薦めします。

 

⑥キャリアスタート



公式サイト:https://careerstart.co.jp/

キャリアスタートは、社会人未経験の方や第二新卒の方の支援に強みを持つ転職エージェントです。未経験からでも挑戦できる営業求人など、年収を大幅にアップさせた事例を多く持っています。熱心なキャリアアドバイザーが多く、オススメの転職エージェントです。

上京を目指す方が転職エージェントを使うことのメリット

地方からの上京を目指す方であれば、転職エージェントへの登録は必須です。

なぜなら、地方で1人で転職活動をすると情報不足に陥りがちだからです。

東京で転職活動をする方と比べて、地方にいると企業の情報や転職の情報と接する機会が少なくなってしまいます。

また、面接の調整が難しいため、転職エージェントに介入してもらった上で面接調整をすることをお薦めします。

転職エージェントに交渉し、上京するタイミングで複数の企業の面接を受けることが理想です。

大手の転職エージェントと中小の転職エージェントでは多少違いがあるかもしれません。

求人数では、大手の転職エージェントが圧倒的に保有しています。一方で、中小の転職エージェントは、企業の経営者や人事と深い繋がりを持っていたり、手厚い面接対策などのフォローをしてもらえる可能性があります。

それぞれのメリットを理解した上で活用することをオススメします。

 

転職エージェントを活用する際の注意点

転職エージェントを活用する際は、注意点もあります。

それは、転職エージェントの言葉に流されすぎるのではなく、意思決定を慎重に行うことです。

転職エージェントのビジネスモデルは、相談者が転職に成功し、入社して初めて入社先企業から売上が発生します。そのため、担当者によっては企業を強引に薦めてくる場合があります。

そこで、一歩立ち止まって企業に入社した際のメリット・デメリットを整理し、入社するかどうかを冷静に判断することをお薦めします。

また、転職エージェントの担当者との相性も気をつけるポイントです。

人と人とのコミュニケーションだからこそ、相性が合う合わないはきっとあるでしょう。

例えば、スピードを重視したマッチングをする担当者もいれば、丁寧さや納得感を重視する担当者もいます。どちらが良い悪いではないので、自分にマッチした担当者を見つけることが重要です。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、上京転職の前にすべき2つの準備について紹介しました。

転職前に必要な準備がわかり、安心して転職活動に望むことができるのではないでしょうか。

ちなみに、リモート転職では、職務経歴書の作成サポートや面接サポートをしております。

国家資格キャリアコンサルタントが第三者的な立ち位置で相談に乗っておりますので、気軽に活用してみてください。

カンタン30秒カンタン30秒!無料転職相談はこちら未来を切り開く
20代の上京特化型支援サービス
リモート転職は、地方から東京に上京する20代の若者に特化して仕事と住まいの支援をしています。地方からの不安な上京を2人3脚で伴走します。
カンタン30秒!無料転職相談はこちら