2019.05.07上京

【上京あるある】関西から上京した関西人がびっくりすること

僕は関西から東京にきて、約5年目になります。

 

東京での生活にはだいぶ慣れましたが、やはりびっくりすることがまだたくさんあります。

そこで「関西から上京した関西人がびっくりすること」についてまとめてみました。

※僕の偏見も多いので、関西人を代表した意見ではないということを先にお伝えしておきます。

 

「知らんけど」と言うと「知らないの?」と言われる

関西の人は、語尾に「知らんけど」とつけがちです。

しかし、東京で使うときは気をつけたほうがいいです。

例えば「あの店めっちゃうまいらしいな、知らんけど。」

と東京で言うと「え、知らないの?」と言われます。

 

知らないものをいいものだと勧める悪い人だと捉えられて、これまで築き上げてきた信用がほぼ0になりがちです。

 

マクドじゃなくてマック

東京で「マクド」というと命取りです。

「マック」です。

 

ユニバじゃなくてUSJ

「ユニバ」じゃなくて「USJ」です。

仮に「ユニバ」でわかってくれる人がいても、東京ではユニバの発音が

ユ ニ バ
→ ↗︎ ↘︎

ではなく、

ユ ニ バ
↗︎ →↘︎

です。

ではなく

バ です。

 

「また飲みに行きましょ」が通じない

初対面の人に「また飲みに行きましょ〜」と言うと

え?飲んだことあったっけ?」と喧嘩になりかねないです。

関西と東京で”また”のニュアンスが大きく違います。

関西人の”また”は、また機会があれば飲みましょうの”また”であり、

東京人の”また”は、「またもう一度飲みに行きましょう」のまたです。

 

遠慮の塊(えんりょのかたまり)が通じない

関西では、誰も手をつけずに残った1つのものを遠慮の塊(えんりょのかたまり)と呼びます。

でも、東京では通じません。

例えば、居酒屋で誰も手をつけずにお皿に残った1つの唐揚げを指して

「誰かこの”遠慮の塊”食べていいで」と言ってみてください。

見事にポカンとなります。

 

カッターシャツも通じない

関西では、Yシャツのことをカッターシャツと言います。

しかし、これ一切通じないです。

「は?なにそれ?」と怒られることすらあります。

確かに、カッターシャツってなんか変ですよね。

と思ってしまうあたりが僕が東京に染まっている証拠かもしれません。

気をつけてください。

 

言葉遣いが怖がられる

関西人は、言葉遣いが汚い方が多いはずです。

東京に来て、”アホ”という言葉を発する機会が一気に減りました。

あと、相手のことを「自分」と言うと怖がられます。

関西の友達が東京に遊びに来て「しばく」という言葉を発しているのを聞いて、東京の友達がビクッとしていました。

関西の「しばく」は、東京の「おはよう」です。

 

東京の人の優しさに感動する

関西人ならきっとわかってくれるかと思いますが

東京の人って優しくないですか?

何かと協力的な人が多いなと思います。

例えば、BBQをするにしても、関西で「BBQやろう」というと

「だるい、めんどい、やらへん」と突っ返されがちですが、

東京だと、「いいよ、一緒に幹事やるよ」と協力者が続々と現れます。

 

餃子のタレがない

東京のお店では餃子にタレがありません。

中華料理屋でも、醤油しかないことがほとんどです。

あと、東京の「餃子の王将」は床が滑らないところが多いなと感じます。

餃子の王将の持ち味は、床が油っぽくてつるつるしているところだと思っていたので、衝撃を受けました。

 

「お仏壇の〜♪ はせがわ???」

東京で「お仏壇の〜♪?」と聞いてみてください。

関西では、「お仏壇の、」と言えば「はまや〜♪」ですが、

東京では、「はせがわ〜♪」です。

 

GW明けは終わったけど頑張って生きていこう

関西人なら、きっと共感してくれるところが多かったはずです。

もし、他にもあれば教えてください。

普段、キャリアや転職についての投稿が多いので、たまには遊び心のある投稿をしました。

リクルート用語の桃太郎の記事でバズった後、次の記事で豪快に滑ったので、滑ることが怖くなっていましたが、久しぶりにネタ記事の投稿です。

長かったGWは終わりましたが、頑張っていきましょう。

カンタン30秒カンタン30秒!無料転職相談はこちら未来を切り開く
20代の上京特化型支援サービス
リモート転職は、地方から東京に上京する20代の若者に特化して仕事と住まいの支援をしています。地方からの不安な上京を2人3脚で伴走します。
カンタン30秒!無料転職相談はこちら