2019.04.08就活

【内定者にオススメ!】就活体験談の投稿でお金が稼ぐことができる就活サイト7選

 

「就活中はバイトもできないし、交通費やカフェ代で出費がかさむ…」

 

就職活動ってとってもお金がかかりますよね。

初めまして、あおです。

現役の人事として、新卒採用の設計や社内イベントのプロジェクトマネジメントなどを担当しています。

 

私自身、就職活動時のお金の工面には非常に苦労しました。

アルバイトが思うようにできないだけでなく、選考の合間時間のカフェや交通費でどんどんお金が減っていきますよね。

しかし、内定後の「就活体験記の投稿」を知ってから就活の経験によって、お金を稼ぐことができるようになりました。

現金ではなく、Amazonギフト券でしたが、非常にありがたいものでした。

そこで、今回は実際に私が使用した「就職体験談でお金を稼げる7つのサイト」についてご紹介します。

就活の体験を少しでも生かしたいと考える方は、参考にしてみてください。

 

 

就職活動でお金を稼ぐ?就活体験談の投稿とは?!

まず、就活体験談とはどのような内容かをご説明します。

私が、いくつもの就活体験談を投稿する中で見つけたオーソドックスな形です。

 

就活体験談の内容について

就活体験談の内容は、基本的に、企業ごとの選考体験を求められる形がほとんどでした。

大きく3つに分けて、回答が求められることが多かったです。

そのため、”企業ごとに1つ型を作ってしまえば、複数のサイトで転用することができるので、たくさんの媒体に投稿していました!”

 

1、書類選考

適性検査の種類や筆記試験の内容・難易度などを求められました。

また、エントリーシートでどのようなポイントを意識して回答したかを尋ねられることが多かったです。

 

2、面接

面接でどのような内容を質問されるか、そして内定までどれくらいの期間がかかり、内定はその場で握手なのか、それとも後日電話での連絡なのかといった内容が尋ねられました。

 

3、全体の振り返り

全体を通して、どのようなポイントをみられていたか、また何が評価されて内定に繋がったかということを尋ねられます。

 

内定者にオススメする就活でお金が稼げる就活サイト7選

では、就活体験談を投稿できるサイトはどのようなものがあるのでしょうか。

私が、実際に使った媒体は以下の8つです。

  1. One Career
  2. 外資就活ドットコム
  3. unistyle
  4. 就活ノート
  5. インターンシップガイド
  6. みん就
  7. 就活会議

それぞれ、簡単に説明していきます。

 

①one career

 

就職活動のインターンから本選考までの実際の選考の流れから面接で聞かれたことなど、

たくさんの学生が、それぞれの企業でどのように選考が進んでいったのかという

事細かな記録が大量にストックされています。

また、就活記事も斬新な切り口かつ本音ベースで書いているので、

入社する上での現実をちゃんと知ることのできるコンテンツが非常に魅力的です。

 

②外資就活ドットコム

マイナビ・リクナビでは掲載されていないような、いわゆる外資系の就活情報が豊富に揃っています。

特に外資系を目指す学生にとっても有益な情報なコンテンツに溢れており、

就活だけでなく、内定者になってからの過ごし方も書いてあるため、非常に勉強になります。

 

③unistyle

ESの書き方は全て「unistyle」を参考にしたと言っても過言ではないくらい、

就活時代には参考にしていました。

ESの設問にただ答えるのではなく、どういう設計で書けば伝わりやすいか、

文章の構成までもしっかり勉強することができます。

 

④就活ノート

 

こちらも就活の選考情報全般や選考レポートなどがまとまっているメディアです。

就活ノートも簡単に登録するだけで、色んな情報を手に入れることができます。

記事のカテゴリーの幅広く、就活全般の勉強をする際にもオススメです。

 

⑤インターンシップガイド

インターンシップに特化したサイトです。

主にインターンを探すときに活用していました。

とにかくたくさんの媒体に登録しては、どの企業がどんなインターンを行なっているのかを

常に比較していました。

オススメのインターンシップやインターンシップ参加の流れなど、

インターンにまつわる全てのことが丁寧に書いてあるため、大学1年生からでも非常にわかりやすく書いてある記事でとっても参考になりました。

 

⑥みん就

いわゆるTwitterの就職活動版と言ったところでしょうか。

登録しているのが学生のため、リアルタイムで就活の情報が流れてきます。

特にインターンや本選考での面接の合否の連絡などの掲示板が非常に盛り上がっています。

しかしながら、中にはデマを流したり、適当な発言もあったりもすると思うので、

全てを鵜呑みにするということはあまりオススメしません。

また、人事もしっかり見ています。不要な発言は避けた方が身のためかと思います。

 

⑦就活会議

 

こちらもインターンシップから説明会まで網羅している媒体になります。

特にESから選考体験記、インターンシップ体験記まで非常にたくさんの情報が詰まっている媒体なので要チェックです。

 

就活体験談を投稿する上で内定者にオススメしたいこと

オススメの就活体験談を投稿できる7つのサイトをご紹介しました。

就活体験談を投稿する際にオススメすることは、2つあります。

  1. ESは捨てないで必ず取っておく
  2. 企業ごとに体験記をまとめておく

それぞれ、説明します。

 

1、ESは捨てないで必ず取っておく

まず、ESは捨てずに必ずとっておきましょう。

就活が終わるとすぐに書類を捨てる方もいます。

しかし、一生懸命作成したESは誰かにとって非常に価値のあるものかもしれません。

だからこそ、すぐに捨てるのではなく保管しておくことをオススメします。

 

2、企業ごとに体験談をまとめておく

2つ目は、企業ごとに体験談をまとめておくことです。

1つ型を作ってしまえば、あとは使いまわすことができます。

だからこそ、振り返りの意味も込めて体験記をまとめておくことをオススメします。

 

就活体験談を投稿するメリットはお金を稼げるだけじゃない

私は就活体験談を通して、少しばかりお金を稼ぐことができました。

しかし、体験談の投稿のメリットは決してお金を稼げる事だけではないと考えています。

私は、自分自身の就職活動を振り返り、言語化できることこそが、体験談の投稿のメリットだと考えています。

 

自分自身の就職活動を振り返り、言語化できる

就職活動で内定を獲得する事は、ゴールではなく過程です。

だからこそ、自分自身の経験を振り返って言語化することが非常に重要だと思います。

「なんとなく就活が上手くいった」、「なんとなく就活は上手くいかなった」

で終わるのではなく、なぜ上手くいったのかいかなかったのかを言語化することで、将来の仕事にも生きると思います。

また、就活が終わると、自分自身もOB訪問を受ける立場になります。

その際に、就活をする後輩に対して、きちんと自分の経験を話すことは非常に重要です。

自分達が先輩にしてもらったことを後輩に返して行く意味でも、就活体験談の投稿を通して、自分自身の経験を言語化できたことは意味があったと思っています。

 

まとめ

私が、活用していた就活体験談を投稿できるサイトについてご紹介しました。

どのサイトに投稿するかはあまり考えず、ありとあらゆる媒体に投稿していました。

自分自身が、就活体験談の投稿をすることで、お金を稼げるだけでなく、自分自身の経験の振り返り・言語化に繋がります。

皆さんもぜひ、参考にしてみてください。

 

現役の人事が就活生におすすめする就活サイトとは?

就活で周りから出遅れないために、現役人事がおすすめする就活サイトをご紹介します。

全て無料で使えるサイトなので、登録しておいて損はないと思います。

①キミスカ

>>キミスカを覗いてみる

キミスカは、プロフィールや選考状況を開示することで、企業から特別選考のスカウトをもらうことができます。

また、希望次第で担当の就職コンサルタントが自己分析からES添削、面接対策まで徹底サポートしてもらうことができます。

 

②就活ノート

>>就活ノートを覗いてみる

就活ノートは、就活生によるリアルな就活情報が提供されているサイトです。

1000社を超える企業の通過ES実例や、先輩のリアルな体験に基づく、選考情報を知ることができます。

知らないと損をする就活マナーや就活のプロによって書かれた記事を見ることができます。

③オファーボックス

>>OfferBoxを覗いてみる

OfferBoxは、大手企業からメガベンチャーまであなたのプロフィールをみて、オファーが届くサイトです。

4,800社以上の企業にあなたのプロフィールを見てもらえるチャンスです。

また、OfferBox経由で内定先が決まった学生の1/4が大手企業に内定しているようなので、大手企業を目指している方は登録必須です。

カンタン30秒カンタン30秒!無料転職相談はこちら未来を切り開く
20代の上京特化型支援サービス
リモート転職は、地方から東京に上京する20代の若者に特化して仕事と住まいの支援をしています。地方からの不安な上京を2人3脚で伴走します。
カンタン30秒!無料転職相談はこちら