2019.10.23上京

上京して寂しいと感じる瞬間BEST5【対象法もセットで解説】

「上京してきたけど、とにかく寂しい!」

今回は、そんな悩みについてお話しします。

 

こんにちは、上京を支援するリモート転職を運営する株式会社Carions代表の山下です。

上京して一人暮らしを始めると、寂しい瞬間が必ずあります。

いろんな想いを胸に抱いて上京してきたにもかかわらず、
孤独を感じると辛いです。

今回は、「上京して寂しいと感じる瞬間BEST5と寂しさへの対象法」について、

ありのままにご紹介していきます。

上京して寂しい思いをしている方これから上京を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

上京して寂しいと感じる瞬間BEST5

上京したときに、特に寂しさを感じる瞬間があります。

寂しさを感じる瞬間BEST5
1、仕事が終わって帰宅したとき
2、一人でごはんを食べているとき
3、休日で暇なとき
4、風邪を引いたとき
5、夜眠りにつくまえ

 

それぞれ、簡単に説明していきます。

 

仕事が終わって帰宅したとき

1つ目は、仕事が終わって家に帰ってきた瞬間です。

特に、地方で実家にいた方であれば余計に寂しさを感じてしまいます。

このような寂しさは、きっと一人暮らしをして初めて気づきます。

 

一人でごはんを食べているとき

2つ目は、一人でご飯を食べている時です。

一人で家で自炊して食べても、ご飯を食べている音が部屋に響きます。

また、外食をしても一人でご飯を食べるケースも多くなるでしょう。

そんな時に「やっぱり私はひとりなんだ、、」と孤独を感じてしまいます。

 

休日で暇なとき

3つ目は、休日の暇なときです。

休日に何もすることがなく、暇な時は寂しさを感じます。

地元だったら遊ぶ友達がいたのにな、、と寂しさや孤独を普段以上に感じる瞬間です。

寂しさを紛らわそうと、テレビなどをつけても余計に孤独に感じることもあります。

 

風邪を引いたとき

4つ目は、風邪を引いたときです。

上京したばかりだと、風邪を引いた時に頼れる人もいないことがほとんどです。

体がしんどいにも関わらず、
自分で洗濯やごはんを作らなければならないので、本当に苦しいです。

体が弱っているときは本当に精神が不安定なので、さらに孤独に感じることがあります。

 

夜眠りにつく前

5つ目は、夜の眠りにつく前です。

夜の静けさは人を寂しくさせますが、一人だと余計に寂しさを感じます。

仕事で疲れてベットに入って、寝ようとしてもなかなか寝れない時などは特にそうです。

翌日の仕事のことを考えて憂鬱な気分になり、上京しなければよかったと感じる方もいるようです。

上京して後悔するパターンについては、こちらの記事でも解説しています。

【関連記事】
▶︎上京を後悔した理由と後悔しないためにすべきこと【200人以上とお話しする中で感じたこと】

 

上京の寂しさへの対象法

上京して寂しい瞬間はありますが、上京して楽しく生活している方もいます。

寂しさを対処する方法については、下記の4つが挙げられます。

寂しさへの対象法
1、考え方を変えてみる
2、趣味で交友関係を広げる
3、いろんな種類のマッチングサービスを使ってみる
4、ビジネススクール等に入ってみる

それぞれ、説明していきます。

考え方を変えてみる

なにかに苦しんでいる方には二つの共通点があります。

ひとつ目は、どうすれば現状をよくできるか解決方法をさがすのではなく、
つらい、寂しい、もう嫌だのように現状から思考停止をしているということです。
まずは、どうすれば自分は楽しく過ごせるかをまず考えてみてください。

二つ目は、言葉通り考えるだけで行動に移さないということです。
たとえ、この記事を読んで楽しくなる方法を知ったとしても、行動を起こさなければ何も変わりません。まずは、この記事をみた後すぐに、どうすれば楽しく過ごせるようになるか紙に書き出してみてください。

きっと、考えるだけでウキウキしてくるはずです。

趣味で交友関係を広げる

1つ目は、趣味で交友関係を広げることです。

趣味を作ると、その趣味で人の繋がりを広げていくことができます。

実際の事例として、

などで、交友関係を増やしている方がいます。

東京には、趣味のイベントやコミュニティは山ほどあります。

なにか趣味がある人は、上記のようにイベントに参加してみたり、
趣味がない人は、まずは趣味を探してみることは非常におすすめです。

 

いろんな種類のマッチングサービスを使ってみる

2つ目は、いろんな種類のマッチングサービスを使ってみることです。

マッチングサービスは、一昔前までは敬遠されがちでしたが、今ではだいぶカジュアルに使われるようになっています。

東京ではマッチングサービスを通して、共通の趣味をもった人と出会えたり、飲み友や恋人を作るケースは本当に多いです。

現在は、恋愛や出会い目的のサービスだけでなく、
様々な目的にそったマッチングサービスが多数あるので、一度使って見るのはいかかでしょうか。

 

ビジネス関連のスクールに入ってみる

5つ目は、ビジネス関連のスクールに参加することです。

ビジネス関連のスクールでは、ビジネススキルを学びながら、いろんな人と繋がれるのが特徴です。

同じテーマを一緒に学ぶわけですから、そのテーマを中心に仲良くなるケースが非常に多いです。

上京の寂しさを克服しながら、仕事に繋がるスキルアップができたら一石二鳥なので、非常におすすめです。

特に、今はプログラミングスクールが非常に人気です。仕事でプログラミングをする人でなくても、これからの社会で理解しておいて損がない必須スキルです。

プログラミングスクールについては、下記の記事で詳しく解説しています。

【関連記事】
▶︎おすすめのプログラミングスクール5選【忙しい社会人も通える】

 

まとめ

今回は「上京して寂しいと感じる瞬間BEST5と寂しさへの対象法」について紹介しました。

上京すると誰しも寂しい瞬間があります。しかし、上京した方はみんなそれを乗り越えて東京生活を送っています。

もちろん、ここで紹介した方法以外でも、寂しさを対象する方法は人によって様々です。

しかし、寂しい時に家に閉じこもって、行動に移さないのではなくとにかく前向きにアクションすることをおすすめします。

ぜひ、参考にしてみてください。

関連記事

【関連記事】
▶︎おすすめの転職エージェントについてまとめます【実際に評判を聞いたことがある会社だけ】

カンタン30秒カンタン30秒!無料転職相談はこちら未来を切り開く
20代の上京特化型支援サービス
リモート転職は、地方から東京に上京する20代の若者に特化して仕事と住まいの支援をしています。地方からの不安な上京を2人3脚で伴走します。
カンタン30秒!無料転職相談はこちら