2019.07.12転職

東京に上京転職する女性ならではの不安と東京で働く魅力とは?

「東京で働きたいけど、やっていけるか不安、、」

20代の上京したい女性と面談をする中で、よくこんな相談を受けます。

今回は、そんな悩みにお答えしたいと思います。

 

こんにちは、上京を支援するリモート転職を運営する株式会社Carionsの山下です。

普段、上京を目指す女性の方とお話しする中で、「東京での仕事は忙しそう」「治安が悪そうだけど一人暮らしは大丈夫かな?」と女性ならではの悩みを聞くことが多いです。

そこで、今回は、実際に東京へ上京した女性の方と話す中で耳にする「東京への心配事と、実際に東京に上京転職した方が話す東京の魅力」についてまとめてみました。


\東京で働きたい女性に人気な転職エージェント/

1位:リクルートエージェント 業界No.1の求人数! 

2位:TokyoDive 仕事と住まいを同時に探せる!

3位:doda リクルートエージェント合わせて登録!


 

東京へ上京転職する女性の心配とは?

上京する女性が心配する事には、3つが挙げられます。

上京する際に心配なことBEST3
1、人の多さや通勤ラッシュ
2、一人暮らしが金銭的に心配
3、希望の仕事が見つかるか

それぞれ、簡単に解説していきます。

 

人の多さや通勤ラッシュ

1つ目は、東京の人の多さに耐えられるかどうかという不安です。

実際に、東京は混雑に出くわすことは多いですし、繁華街だと道を歩いていると人とぶつかりそうになります。

何と言っても、満員電車は人が多すぎて、上京したての頃はどっと疲れることだと思います。

男性である私でも、満員電車はしんどいなと感じます。

また、ふらっとカフェに入ろうとしても混雑で入れないことも多く、驚くこともあります。

 

一人暮らしが金銭的に心配

2つ目は、一人暮らしの金銭面の心配です。

東京に来て、初めて一人暮らしを経験する女性も多くいます。

一人暮らしは、実家暮らしに比べて自由度が高く、楽しいことだらけのような気がします。

一方、一人暮らしでは実家にいた頃には意識をしなかった家賃、光熱費、食費などを自分自身で負担しなくてはならなくなります。

また、地方に比べて東京の家賃は圧倒的に高く、東京の家賃は6万円〜10万円が相場です。

特に東京23区の都心エリアでは他のエリアに比べて家賃が高く、そんな高いお金を毎月支払えるだろうかと不安に思うはずです。

 

東京で希望の仕事が見つかるか心配

3つ目は、希望の仕事が見つかるかどうかの心配です。

実際は一概にそんなことないのですが、「東京の仕事 = ハード」というイメージを持っている女性の方は多いなと感じます。

東京は、平日は遅くまで働いて、土日もバリバリ働くと認識されている方もいます。

そのため、自分のペースにあった仕事を東京で見つかるかどうかを不安に思うようです。

 

東京に実際に上京転職した女性が感じる東京の魅力

しかし、実際に上京した女性と話していると、東京に魅力を感じていることも事実です。

女性が感じる東京の魅力BEST5
1、人との出会いが圧倒的に多い
2、種類も求人数も多い
3、物件の数が多い
4、イベントが多い
5、スキルアップの機会が充実している

それぞれ、簡単に解説していきます。

 

東京は人との出会いが圧倒的に多い

1つ目は、人との出会いが圧倒的に多いことです。

これは、仕事の出会いもそうですし、異性との出会いにも当てはまります。

最近では、婚活イベントや街コン、マッチングアプリの出会いもぶっちゃけかなり多いです。

地方から東京に出てきた方であれば、マッチングアプリでマッチする数が圧倒的に多いことを驚かれます(笑)

上京する独身女性に、「上京したい本音の理由」を聞くと

「東京で結婚相手となる男性との出会いを求めている」ということは実は結構多いです。

単純に人が多いのもありますし、結婚適齢期の男性も多いと思います。

交友関係を広げることで、コンパや友人の紹介など男性と出会える機会は多くあるはずです。

 

東京は仕事の種類も求人数も多い

2つ目は、企業数や求人数が圧倒的に多いことです。

厚生労働省の統計によると東京都の有効求人倍率は【2.04倍】となっています。

全国平均が【1.43倍】ですので、全国的に人手不足が叫ばれていますが、中でも東京での人手不足は顕著です。

そのため、様々な仕事の選択肢があります。

東京=ハードと思われがちですが、バリバリ働ける環境もあれば、ワークライフバランスを大切にしながら働ける環境もあります。

自分の望む働き方に合わせて、最適な企業や求人を選ぶことが可能といえます。

東京での仕事の探し方については、こちらの記事で細かく説明しています。

【関連記事】
▶︎【上京しても仕事がない?】東京の転職状況と、仕事を見つけられない辛い人の特徴とは?

 

東京は物件の数が多い

3つ目は、物件の数が多いことです。

東京は地方に比べると圧倒的に家賃が高いですが、物件の数が非常に豊富にあるので、エリアによっては比較的低価格で住むことができます。

また、地方からの上京をする方に人気なのがシェアハウスです。

家賃相場が約4万円とリーズナブルであることに加えて、一緒に住む仲間ができます。

初めての東京の心強い仲間となるかもしれません。

長期的にシェアハウスに住む方もいますが、お金を貯めるまでの期間はシェアハウスに住むという方も多いです。

東京はイベントが多い

4つ目は、イベントの豊富さです。

アニメ、アイドル、声優のイベントや好きな音楽グループのライブなど地方にいた時には中々すぐには行くことのできなかったイベントが豊富にあります。

地方からのイベント参加は移動時間がかかる上に、仕事の休みを取らなければ、土日などの休日しか参加することができません。

しかし東京に住んでいれば、平日の仕事終わりでもイベントに参加することができます。

 

東京はスキルアップの機会も充実

5つ目は、スキルアップの機会の多さです。

ここ最近は顕著に個人として生きて行く時代が到来していると言われています。

副業などが流行っているように、いかに個人としてスキルアップしていくかが着目されています。

結婚・出産までにスキルを身に付けたいと考える女性は多く、東京に上京して、ただ勤務するだけではなく、プログラミングのスクールや英会話のスクールに参加される方もいらっしゃいます。

例えば、最近私が知り合った方だと、趣味でのめり込んだ占いを副業として開始して年間で500万円近く稼いだ方がいます。

副業関連は、こちらの記事がとても面白いので、ぜひ読んでみてください。

>>【おすすめの副業】副業を武器にして本業の効率をupするための秘訣とは

まとめ

今回は、「東京への心配事と、実際に東京に上京転職した方が話す東京の魅力」についてご紹介しました。

きっと、上京を目指す女性ならではの悩みはたくさんあると思います。

しかし、実際に転職を成功させて上京生活を楽しんでいる女性もたくさんいますので、

少しでも挑戦したいという思いがあるのであれば、挑戦することをおすすめします。

ちなみに、リモート転職では、上京したい方の支援を日々行なっています。

女性の転職支援の実績も豊富にありますし、手厚く面接対策を行なっておりますので、気軽にお問い合わせください。

関連記事

【関連記事】
▶︎おすすめの転職エージェントについて【実際に評判を聞いたことがある会社だけ】
▶︎地方の第二新卒・既卒・フリーターにおすすめする転職エージェントまとめました
カンタン30秒カンタン30秒!無料転職相談はこちら未来を切り開く
20代の上京特化型支援サービス
リモート転職は、地方から東京に上京する20代の若者に特化して仕事と住まいの支援をしています。地方からの不安な上京を2人3脚で伴走します。
カンタン30秒!無料転職相談はこちら