【上京しても仕事がない?】東京の転職状況と、仕事を見つけられない人の特徴とは

 

 

上京しても、仕事がないのではないか」と、心配する人は少なくありません。

東京は求人数が多くあります。しかし、京に行けば本当に仕事を見つけられるのでしょうか。

今回の記事では、上京すると本当に仕事は見つけられるのかまた上京しても仕事を見つけられないのはどのような人なのかについて、ご紹介します。

上京転職に不安を感じている方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

東京には本当に仕事があるのか?

 

まずは、東京には、仕事があるのか、検証していきます。

  • 有効求人倍率
  • 失業率
  • 東京の求人の種類

上記の3つから、東京に行けば本当に仕事を見つけられるのか考えていきます。

 

 

①東京の有効求人倍率

 

まず東京は、他地域と比べて求人数が多く、またその種類も豊富です。

2017年6月の東京の有効求人倍率は2.08倍で、これは福島県の2.09倍に次ぐ第2位であり、全国的に見て、とても高い数値です。

有効求人倍率は、労働者1人に対して、何個の仕事があるのかを示す数値のことです。

つまり、1人に対して2.08個の求人があるということになり、有効求人倍率から東京の仕事をみれば、東京は仕事が余っているといえます。

 

 

②東京の完全失業率

 

次に東京は、他地域と比べて失業率が低く、多くの人が失業していません。

東京の完全失業率は2.4%で、全国平均が2.8%と比べると低い数値となっています。

完全失業率は、「全労働者のうちに、失業者は何%いるのか」ということを示した数値のことです。

つまり、東京は他地域と比べて、失業者が少ないのです。

 

 

上京転職で仕事を見つけられない人

 

ここまでの調査で、地方に比べて東京は仕事の量や種類が多いということが分かりました。

一方で、東京への上京転職活動をするものの、うまく仕事を見つけられない人がいます。

何故、上京転職が上手く行かない人がいるのでしょうか。

ここから上京転職に失敗する人の特徴について、書いていきます。

 

仕事を見つけられない人①:年齢が高すぎる

1つ目の理由は、年齢が高すぎることにあります。

20代であれば、未経験の職種での採用や、ポテンシャルでの採用がほとんどです。

一方で、年齢が高くなると、スキルや実績がより企業から求められます。

そのため、なかなか転職活動が上手くいかないのです。

転職市場では若い方が有利で、年を取るに連れて、難しくなります。

特に未経験の業種は、これまでの経験を活かすことが出来ないので、若い人の方が重宝されます。

上京転職では地方にはない業種を求めて転職を目指す人が多いので、年齢が高くなると不利になりやすいでしょう。

年齢に応じた転職活動をすることが成功の秘訣になります。

 

一方で、転職情報サイトのDODAのまとめでは、中高年も十分転職に成功していることが確認できます。

年齢が高い場合、今までの経験を活かせる業種を志すことで上京転職成功の可能性を上げられます。

 

  • 24歳以下・・・9.3%
  • 25~29歳・・・37.9%
  • 30~34歳・・・23.5%
  • 35~39歳・・・13.7%
  • 40歳以上・・・15.7%

 

 

仕事を見つけられない人2:資金が不足している

 

上京転職のための資金を準備せずに資金が底を尽きてしまい、仕事が見つけられない方が多いようです。

上京転職をする際は、以下の2パターンがあります。

  • 仕事をしながら東京に面接へ通う
  • 仕事を辞めて東京に移り住み転職活動を行う

 

それぞれ上京転職にかかる費用を洗い出しました。

 

仕事をしながら東京へ面接に通う場合

リモート転職を使い上京転職を成功させたHさんの場合上京転職に計642003円かかっています。

 

【Hさんの場合】合計 642,003円

◆ 新生活引っ越し費用 金額

  • 入居費用         315503円(家賃80000円)
  • 引っ越し費用       88000 円
  • 家電購入費用       15000 円
  • 交通費          50000 円
  • ベッド          18000円
  • 机            7000円
  • カーテン         18500円

◆ 上京 就活費用

  • ホテル代 すべて友人宅   0円
  • 往復交通費(新幹線代)  130000円

 

東京に移り住み就職活動を行う場合

リモート転職の試算では、以下の合算で約65万円かかります。

 

【家賃7万円/月の賃貸物件に住んだ場合】合計約65万円(リモート転職試算)

◆ 初期費用

  • 敷金    7万円
  • 礼金    7万円
  • 仲介手数料 7万円
  • 保険    2万円
  • 鍵交換   2万円

◆ 家具・家電

  • 洗濯機    3万円
  • 電子レンジ 2万円
  • テレビ   3万円
  • ベッド   2万円

◆ 生活費(2ヶ月分)

  • 家賃    7万円 × 2ヶ月
  • 食費    2万円 × 2ヶ月
  • 水道光熱費 1万円 × 2ヶ月
  • 携帯電話代 7000円 × 2ヶ月
  • 交際費   2万円 × 2ヶ月
  • 日用品代  5000円 × 2ヶ月

 

一方、シェアハウスを活用した場合は上京転職の費用をかなり安く抑えることが出来ます。

以下詳細の合算は約25万円です。

 

【シェアハウスを活用した場合】約25万円(リモート転職試算)

◆ 初期費用

  • 敷金     0円
  • 礼金     0円
  • 仲介手数料  0円
  • 保証委託料   1万円

◆ 家具・家電

  • なし    0円

◆ 生活費(2ヶ月分)

  • 家賃    4万円 × 2ヶ月
  • 食費    2万円 × 2ヶ月
  • 共益費   2万円 × 2ヶ月
  • 携帯電話代 7000円 × 2ヶ月
  • 交際費   2万円 × 2ヶ月
  • 日用品代  5000円 × 2ヶ月

 

まとめ

いかがでしたか。

今回は東京でも仕事がないかどうかの検証、東京で仕事が見つけられない人の特徴について書きました。

上京転職に関する疑問は少しでも解消されたでしょうか。

是非、参考にしてみてくださいね。

 

 

※ 転職相談受付中(無料)

※ 転職相談受付中(無料)

上京転職ラボ(サービス名:リモート転職)では、東京への就職・転職を考えている方向けに相談を受け付けています。

「就職・転職」に関する悩みや、「上京」「東京」ならではの疑問など、転職希望者の幅広いご相談に対応しています。

対面・Web通話・電話でお話をお聞かせいただきます。費用はもちろん”無料”です。

 

転職相談をご希望の方は、以下の申し込みフォームからご連絡ください。

リモート転職の担当から、メールにて相談の日時を調整させていただきます。

*転職シーズンということもあり、相談申し込みが殺到しています。メール返信にお時間がかかる可能性があります。ご了承下さい。

 

 

【無料相談受付中】地方からの上京就職・転職説明会

地方からの上京就職・転職説明会