2019.05.25就活

地方在住の方が活用したい「上京を支援する制度」とは?

「上京を支援する制度はありませんか?」

今回は、そんな質問にお答えします。

 

こんにちは、上京を支援するリモート転職を運営する株式会社Carionsの山下です。

「上京を支援する制度ありませんか?」とよく聞かれることがあります。

地方からの上京転職は費用も時間もかかる上に、選考の調整が難しく、大変なことばかりです。

しかし、現状では公的な機関からの上京を支援する制度などはありません。

ただし、求人を募集する企業や、弊社のような上京を支援する企業がそれぞれ上京支援をしていることはあります。

そこで、今回の記事では、様々な上京を支援する取り組みについてご説明します。

上京を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

地方からの上京転職の大変さについて

まず、地方から上京を支援していると上京就職・転職は本当に大変だなと実感します。

具体的にどんなことが大変かまとめてみます。

  1. お金がかかる
  2. 相談者を見つけにくい
  3. 選考の調整が大変
  4. 受けられる企業数が限られる

 

地方からの上京はお金がかかる

まず1つ目は、お金がかかることです。

交通費、宿泊費、引っ越し費用、物件の初期費用などざっと60万円以上かかります。

面接の度に地方から東京に来ることになるので、最低でも3回~5回分程度の往復の交通費はかかりますし、

東京に来ると宿泊場所の確保も必須なので、ホテルなどの宿泊費もかかります。

また、転職が決まってからも、引っ越し費用や物件の初期費用などでお金が飛んでいきます。

上京にかかる費用ついては、こちらの記事を参考にしてみてください。

>>【上京転職に必要な最低費用は60万円!?】金額の内訳や節約方法,準備方法についてまとめました

地方からの上京は相談者を見つけにくい

2つ目は、地方からの上京は相談者を見つけにくいということです。

転職活動は、新卒の就活と違って一斉にスタートするわけではないです。

それも、地方だと周りに相談者も見つけにくいため、孤独を感じることになります。

東京の方であれば、都内にいくつもの転職エージェントがあるため、すぐに対面で面談することができます。

しかし、地方だと住んでいる地域に転職エージェントが無いこともあります。

ま過去に沖縄の方が大手の転職エージェントに相談すると「一度、福岡に面談に来てください」と言われたこともあるようで、対面で面談するにはどうしてもハードルがあります。

大手の転職エージェントだと、対面で面談できる方の対応が優先になりがちなので地方の方は手厚い支援を受けられていないという事実もあります。

上京に特化して支援しているサービスについてはこちらの記事でまとめています。

>【就職 / 転職】おすすめの上京支援サービスについて解説します

 

選考日時の調整が大変

3つ目は、選考日時の調整が大変であることです。

上京する日に合わせて、複数社の選考を同時に組むことは至難の技です。

特に、現職中の方だと有給などを取得して東京に出て来ることになるので、平日に何日も休みを取れないことがほとんどです。

何度も上京すると費用がかさむこともあり、出来るだけ一度の上京で複数の企業を受けたいと思うのですが、都合よくいくことは稀です。

私も上京する方を支援する際は、上京する日程に合わせて、複数の面接をセッティングしていますが

面接を詰め込みすぎても疲弊してしまうので、バランスが非常に難しいです。

 

受けられる企業数が限られる

4つ目は、受けられる企業数が限られることです。

1回の上京につき受けられる企業数は、3社から4社が妥当だと感じています。

もちろん、すでに離職中の方でまとまった休みを取れる場合はもっと多く受けられる可能性がありますが、現職中で1日、2日の上京だとどうしてもそれくらいの数になります。

また、いざ企業からの内定が出ると「早く内定承諾の回答をください」と催促されることになります。

「もう少し色んな企業を受けてから決めたい」と思っていても、内定先の企業を待たせることで、お断りになってしまうリスクを考えると承諾せざるを得ない、なんてこともあります。

 

上京を支援する求人について

公式な制度はないのですが、上京を支援する取り組みをしている企業があるので、

いくつかご紹介します。

それぞれ、説明します。

 

社宅付き

まずは、社宅付きの求人です。

リクナビNEXTやindeedで「上京 支援」と検索するといくつか求人が出てきます。

配達スタッフやアルバイト系の求人、建設系の求人が多いですが

正社員のIT系エンジニアの求人などもありました。

 

引っ越し費用

2つ目は、引っ越し費用の負担です。

上京する際の引っ越し費用を負担する求人もあります。

金額は、全額負担だったり、半額負担など企業によってまちまちですが、

あくまでも内定が決定した際の特典のようなイメージです。

 

選考の交通費負担

3つ目は、選考の交通費の負担です。

選考の交通費を支給する求人も稀にあります。

但し、1次選考ではなく最終選考のみという場合が多いですが、

東京までの交通費を支給してくれることは、非常にありがたい制度だと思います。

 

Skype面接

4つ目は、Skype面接です。

特に、1次選考はSkypeで実施する企業がかなり増えました。

最初から東京に来てもらうと交通費が馬鹿にならないということを配慮して、1次選考はSkypeで2次選考以降は東京で実施するというパターンです。

お互い時間の無駄にならず、相性を確かめられるので非常にいいと思っています。

 

リモート転職の上京支援の取り組み

様々な企業の現状の取り組みについてご紹介しました。

リモート転職も、上京する方を支援するサービスとして、いくつかの取り組みをしています。

  1. 電話やSkypeでの面談
  2. マッチした求人の紹介
  3. 上京を考慮した選考調整
  4. 不動産物件の斡旋
  5. 引っ越し業者の斡旋
  6. 上京後のコミュニティ

それぞれ、説明します。

 

電話やSkypeでの面談

1つ目は、電話やSkypeでの面談です。

上京までに何を準備すべきか、どのくらいの期間がかかるかをご説明し、

数回の面談で、転職活動の軸について明確にしていきます。

また、選考書類の添削や面接対策もリモートで実施しています。

 

マッチした企業のご紹介

2つ目は、マッチした企業のご紹介です。

転職活動の方向性や上京の時期が固まり始めると、マッチした求人をご紹介します。

紹介企業は、一部上場企業からITベンチャー企業まで幅広くご紹介が可能です。

また、複数の転職エージェントと業務提携しているため、業種・職種問わず、ご紹介することができます。

機械的なマッチングではなく、「どのような点がマッチしているか」をご説明した上でご紹介しています。

 

上京を考慮した選考調整

3つ目は、上京を考慮した選考調整です。

1回の上京で複数社の選考が受けられるように企業と調整したり、

土日に選考が可能な求人のご紹介をしています。

また、1次面接は、できるだけSkypeでの1次面接を依頼するようにしています。

 

不動産物件の斡旋

4つ目は、不動産物件の斡旋です。

上京が決まった方に、提携する不動産会社のご紹介をします。

弊社からご紹介実績のある企業のため、安心して住まいを選ぶことができます。

また、物件によっては仲介手数料などの割引が可能です。

 

引っ越し業者の斡旋

5つ目は、引っ越し業者の斡旋です。

希望される方には、提携している引っ越し業者のご紹介を行っています。

どこの業者を選べばいいか悩む方も多いです。

割引があったり、上京する方を配慮した支援をしてもらうことができます。

 

上京後のコミュニティの形成

5つ目は、上京後のコミュニティの形成です。

上京した方同士で、定期的に集まって交流する場を作っています。

特に上京したては孤独を感じやすいです。

だからこそ、同じように上京を経験した方が近くにいることが励みになります。

 

まとめ

今回は、上京を支援する取り組みについてご紹介しました。

オフィシャルな制度はないのですが、企業によって上京する方向けの取り組みをしていることは多いので、可能性を探ってみるといいと思います。

ちなみに、リモート転職では、上京する方のお力になれるよう遠隔での面談や複数社の日程調整など、精一杯支援しておりますので、ぜひ気軽にお申し込みください。

カンタン30秒カンタン30秒!無料転職相談はこちら未来を切り開く
20代の上京特化型支援サービス
リモート転職は、地方から東京に上京する20代の若者に特化して仕事と住まいの支援をしています。地方からの不安な上京を2人3脚で伴走します。
カンタン30秒!無料転職相談はこちら