2019.09.10上京

未経験からエンジニアを目指す人は上京がおすすめ【地方のエンジニア志望の人にみて欲しい】

「未経験からエンジニアを目指したいのですが、上京するべきですか?」

という相談が、びっくりするほど増えています。

こんにちは、上京を支援するリモート転職を運営する株式会社Carionsの山下です。

 

普段、上京を目指す20代の方やIT業界の人事とお話する機会が非常に多いですが、

未経験の方がエンジニアとして採用されるケースが非常に増えています。

終身雇用の崩壊が急速に進む中で、今の10代〜20代の方にとっては、

”いかに個のスキルを身につけるか?”が大きなテーマとなっています。

感度の高い人であれば、キャリアとしてエンジニアになることに一度は興味を持ったことがあるのではないでしょうか。

また、IT領域は成長が著しいため、企業側の人不足も激しく、ITエンジニアの採用の需要は増すばかりです。

未経験からエンジニアを目指すことは不安が多いはずですが、もし目指すのならば絶対に上京することをおすすめしています。

そこで、今回は「未経験からエンジニアを目指す方に上京をおすすめする理由」について徹底解説していきたいと思います。

※実際に上京して、3年間東京でエンジニアとして働いているYさん(仮名)のエピソードに沿って、お話ししていきます。

 

未経験からエンジニアを目指す方が上京するべき理由について

Yさんは、24歳で九州から上京してきました。

当時は、販売職の契約社員として勤務していたそうです。

しかし、”正社員として働きたい”という思いと、”上京したい”という思いがあったため転職して、東京で働くことを決めました。

その際に、将来性のあるIT業界を志したようです。

最初は、上京することや未経験の職種に挑戦するということに不安を感じていたようですが、

3年間働いてみて、上京して良かったと感じている理由を5つ教えてくれました。

それぞれ、説明していきます。

 

未経験OKの求人が多い

1つ目は、未経験OKの求人数が圧倒的に多い点です。

Yさんは当初、九州で未経験OKのエンジニア求人を探しましたが、経験者募集の求人が多く、なかなか見つからなかったようです。

しかし、東京で未経験OKの求人を探すと、いくつも求人が見つかり、最終的には3社の内定をもらったそうです

実は、私もこのリモート転職を運営する中で、採用をしている企業側からの問い合わせがあるのですが、ほとんどが未経験OKのITエンジニアを募集している会社だったりします。

 

給料が高い

2つ目は、給料が高い点です。

九州で生活している際より、年間で100万円近く給料が上がったとのことです。

初年度は、物価や生活費などが予想できない面もあり、給料が上がった実感を得られなかったようですが、2年目以降は東京での生活にも慣れて、

九州にいた際より、余裕のある暮らしができたとのことでした。

私も前職の人材系の会社でIT領域のエンジニアを紹介する仕事をしていましたが、

関西と東京で、同じスキルを求められる求人でも月10万円以上、給料が違う求人が多くありました。

 

イベントや勉強会が豊富にある

3つ目は、エンジニア向けのイベントや勉強会が豊富にある点です。

エンジニアとして、スキルアップしていくためには日々新しい技術と触れ合ったり、新しい知識を身につけることが重要です。

その際に、エンジニア向けのイベントや勉強会に参加することで、第一線で活躍している人の話を生で聞くことができたりします。

compassなどのイベントをまとめたサイトを見ると一目瞭然ですが、東京はイベントの量が半端じゃないです。

 

プログラミングスクールが多い

4つ目は、プログラミングスクールが多い点です。

東京には、プログラミングスクールやデザインのスクールが豊富にあります。

Yさん自身は、プログラミングスクールに通うことはしなかったようですが、未経験の方が勉強する上でスクールに通うことは大きなメリットがあると話していました。

今、弊社がお付き合いしている完全無料のITスクール【ITCE Academy】
でも、1ヶ月間完全無料でスクールを受講することができるだけでなく、就職までフルサポートしてもらうことができたりします。

プログラミングスクールについては、こちらの記事を参考にしてみてください。

【関連記事】
▶︎おすすめのプログラミングスクールを5つだけご紹介【忙しい社会人でも通える】

 

 

フリーランスになれる可能性が高まる

5つ目は、フリーランスになれる可能性が高まる点です。

東京で、幅広く繋がりを作り、スキルアップすることがフリーランスの近道とのことです。

エンジニアのフリーランスとして生きていくためには、案件を獲得するための繋がりとスキルが最も重要です。

そのため、東京でエンジニア向けのイベントに参加し、横の繋がりを作ったり、第一線の人が集まる東京で技術を身につけることで、フリーランスになれる可能性が高まるようです。

 

Yさんが東京にきて変わったことについて

Yさんは3年間、東京でエンジニアとして必死に働きました。

結果、Yさんに大きな変化があったようです。

  • 選択肢が広がった
  • 性格が明るくなった

それぞれ、説明します。

 

選択肢の幅が広がった

まず、1つ目が選択肢が大きく広がったということです。

今の会社(本業)でさらにスキルアップをするか、フリーランスになるか、地元に帰るかという選択肢で悩んでいます。

Yさんは、本業では地道な努力が認められ、非常に評価されています。

そのため、自分自身でどの案件を担当するかをある程度選べるようになっています。

また、本業で働きながらも副業で、いくつか案件を受けており、フリーランスとして働ける可能性があります。

さらには、東京の第一線で技術をつけたため、経験者として地元の企業でも活躍できるチャンスがあります。

東京で、エンジニアとして経験を積むことで選択肢が広がり、頭を悩ませているとのことでした。

 

性格が明るくなった

2つ目は、性格の変化です。

少し大げさかと思うかもしれませんが、本当にそうおっしゃっていました。

学生時代から、引っ込み思案だった性格でしたが、

東京で様々なエンジニア向けのイベントに参加したり、コミュニティの活動を続ける中で心境の変化があったようです。

その結果、もともとエンジニアとして働き始めた際は、プロフェッショナルとして自分自身の技術力をとことん高めることで、キャリアを積もうと考えていましたが、

今では、ジェネラリストとして、マネジメントの力を身に付けようとしているほど性格に変化があったと話しています。

 

まとめ

今回は、Yさんの事例を元に「未経験からエンジニアを目指す方に上京をおすすめする理由」についてご紹介しました。

Yさんのキャリアの選択肢が大きく広がったのは、紛れもなくYさんが地道に仕事と向き合って自己研鑽し続けたからです。

おそらく、上京をするかどうか迷っている方は、地元で働く選択肢を捨てきれていない人も多いかと思います。

しかし、Yさんのように東京でエンジニアとして経験を積むことで、いつか地元や地方で働ける可能性が高まると思っています。

実際に、北海道でコンサルティングファームの会社がIT系のバックグラウンドを持つ人を採用するイベントを実施していることもあります。

東京と同じ高い水準の給料で、北海道というゆったりとした土地で働けるようです。

これからもこのような案件は増えていくと思っています。

人生は一度きりですので、少しでも上京したいと思っている方は、挑戦してみることをおすすめします。

関連記事

【関連記事】
▶︎おすすめの転職エージェントについてまとめます【実際に評判を聞いたことがある会社だけ】
▶︎おすすめのプログラミングスクールを5つだけご紹介【忙しい社会人でも通える】
カンタン30秒カンタン30秒!無料転職相談はこちら未来を切り開く
20代の上京特化型支援サービス
リモート転職は、地方から東京に上京する20代の若者に特化して仕事と住まいの支援をしています。地方からの不安な上京を2人3脚で伴走します。
カンタン30秒!無料転職相談はこちら