2019.06.14転職

上京に失敗する5つのパターンと成功のための5つの鍵とは?【転職・就職での必勝法】

「上京したいけど失敗したらどうしよう、、」

よくこのような悩みを耳にしますので、この記事でその悩みを解決できたらと思います。

 

こんにちは、上京を支援するリモート転職を運営する株式会社Carionsの山下です。

「東京への憧れはあるけれど、失敗したくない」そう思う方は多いはずです。

私は、失敗するパターンを理解しておくことで、後悔する確率を大きく下げられると思っています。

そこで今回は、実際に上京を支援している中で感じる「上京に失敗する5つのパターンと成功させる5つのポイント」についてご紹介します。

後悔したくないと思う方は、参考にしてみてください。


\上京したい方に人気な転職エージェントTOP3/

1位:『リクルートエージェント』 業界No.1の求人数! 

2位:『TokyoDive』 仕事と住まいを同時に探せる!

3位:『doda』 相談のみの登録もOK!


 

上京転職に失敗する5パターンとは?

まず、上京転職に失敗する5つのパターンについてご紹介します。

失敗する5パターン
1、就職・転職活動の選考で落とされてしまう
2、気の合う友達ができない
3、仕事が合わない
4、お金が底を尽きる
5、満員電車が耐えられない

それぞれ、簡単に説明していきます。

 

①就職・転職活動の選考で落とされてしまう

1つ目は、就職・転職活動の面接で落とされてしまうパターンです。

面接で落ちてしまう方は「上京して何がしたいのか?」という問いに答えらない場合が多いです。

つまり、事前の自己分析や面接対策が足りないケースがほとんどです。

東京への憧れや、「なんとなく東京に行きたい」という思いだけで上京に挑むと、ことごとく失敗してしまいます。

 

②気の合う友達ができない

2つ目は、気の合う友達ができないパターンです。

「上京したものの友達ができない、」と悩む方も少なくありません。

上京すると住み慣れた地元の友人と離れ離れになります。

だからこそ、東京で新しい関係性を作って行く必要があります。

何気ない会話ができる友人や、趣味を一緒に楽しむことができる人の存在は非常に貴重です。

交友関係が仕事だけの関わりになってしまう人ほど、上京して失敗だったと感じています。

 

③東京での仕事が合わない

3つ目は、東京での仕事が合わないパターンです。

「とにかく上京したい!」という思いが先行して、なんとなくで自分に合わない仕事を選んでしまうとしんどいです。

もっと上京の目的を考えておけばよかった、と後悔する方も少なくありません。

地方でのまったりした働き方と比べて、東京での仕事はスピード感を求めらることが多くあります。

そのスピード感に合わず、想像していた仕事と違った、、」と後悔する方もいます。

 

④お金が底を尽きてしまう

4つ目は、お金が底を尽きてしまうパターンです。

東京は賃金が高い分、生活費も非常に高いです。

特に家賃は23区内だと1ルームでも平均7万円/月ほどかかります。

そのため、家賃が負担になってあまり飲みに行ったり趣味を充実できないことがあるようです。

東京に来ることで、好きなバンドのライブに行ったりと趣味を充実させられると思っていたのに、お金の面で苦しくなると、上京に失敗したと感じてしまうようです。

 

⑤満員電車が耐えられない

5つ目は、満員電車が耐えられないパターンです。

私自身も、関西から東京に引っ越した当初は満員電車に衝撃を受けました。

特に朝の通勤ラッシュは、「もう乗れない!」と感じてから10人は乗って来ます(笑)

時には、乗車数が多すぎて、改札での入場制限がかかることもあります。

慣れてしまえばなんともないのですが、満員電車に慣れていない上京したての頃はは大変ストレスに感じます。

 

上京転職を成功させる5つの鍵

上京には、様々な失敗パターンがあることをご紹介しました。

では、どうすれば上京を成功させることができるのでしょうか。

ここでは、上京を成功させる5つの鍵について、ご紹介します。

上京を成功させる5つの鍵
1、明確な目標を持つ
2、費用をできるだけ抑える
3、上京のデメリットも理解しておく
4、選考の事前準備を徹底する
5、転職エージェントを活用する

 

それぞれ、説明して行きます。

 

①明確な目標を持つ

1つ目は、明確な目標を持つことです。

人気YouTuberのHIKAKINさんも「ビートボクサーで有名になる」と目標を持って上京してきています。

∟関連記事:超人気YouTuberのHIKAKINも上京をおすすめ??

やはり、明確な目標がある人は少々嫌なことがあっても負けません。

「仕事を一生懸命頑張って、毎年海外旅行に行く」「好きなバンドのライブに行く」など、何か目標がある人は、仕事への取り組み方が違います。

辛いこと、大変なことは必ずありますので、そんな時に戻ってくることができる拠り所を心の中に作っておくことが重要です。

 

②費用をできるだけ抑える

2つ目が、上京にかかる費用をできるだけ抑えることです。

地方からの転職活動は、最低でも60万円ほど必要です。

選考での往復の交通費や、住まいの初期費用など、前もって、お金がいくらかかるかを見積もって、上京後の費用を極力抑えられるようにしましょう。

節約については、こちらの記事で解説していますので参考にしてみてください。

【関連記事】
▶︎【上京転職に必要な最低費用は60万円!?】金額の内訳や節約方法,準備方法についてまとめました

 

③上京のデメリットも理解しておく

3つ目は、上京のデメリットも理解しておくことです。

東京での生活は、非常に刺激的で新鮮な毎日になることでしょう。

実際に、私が上京支援した方もほとんどが「東京に出て来てよかった」と話します。

しかし、上京することで全ての夢が叶うわけではありません。

慣れない環境で辛いこともありますし、仕事のスピード感に追いつくことに必死になることもあると思います。

ただ憧れだけを持つのではなく、事前にデメリットも十分に理解した上で上京することをおすすめします。

メリット・デメリットについては、こちらの記事で解説しています。

【関連記事】
▶︎【徹底解説】地方から東京への上京転職のメリット/デメリットと、成功の2つのコツ

 

④選考の事前準備を徹底する

4つ目は、選考の事前準備を徹底することです。

まずは、転職や上京の目的をきちんと話せることが最重要です。

「なんとなく上京したいです」という志望動機では、企業は採用しません。

上京することで何を実現するのか、何を大切にするのかを整理する必要があります。

そして、自分にあった企業に入社するために書類選考や企業研究、面接対策など、念入りな準備をしてください。

経歴や自身の強みを棚卸しして、転職活動の軸を明確化すると、企業選びが楽になります。

 

面接対策については、こちらの記事で細かく説明しています。

【関連記事】
▶︎【志望動機が鍵!】上京転職する方が面接で大事にしたい4つの心構え

 

 

⑤転職エージェントを上手く活用する

5つ目は、転職エージェントを上手く活用することです。

転職エージェントは、面接対策や職務経歴書の添削、面接の調整など幅広く支援します。

新卒での就職活動とは違い、転職活動は孤独です。

だからこそ、転職エージェントを上手く味方につけて、サポートしてもらうことをオススメします。

また、地方から東京への転職の場合、東京で転職活動をする方に比べて、情報不足に陥りがちです。

いかに、価値のある情報を集められるかが成功の鍵とも言えるので、ぜひ上手く活用しましょう。

上京する方におすすめできる上京支援サービスについては、こちらの記事を参考にしてみてください。

>>【就職 / 転職】おすすめの上京支援サービスについて解説します

まとめ

今回は「上京転職に失敗する3つのパターンと成功させる5つの鍵」について紹介しました。

地方から思い切って上京するからには、誰もが後悔したくないはずです。

そのためには、事前準備をきちんと行い、上京のデメリットもきちんと把握した上で上京することを心からおすすめします。

ちなみに、リモート転職では上京する方のサポートを日々行なっています。

失敗しないための事前準備や求人紹介、住まいのサポートもしておりますので気軽にお問い合わせください。

関連記事

【関連記事】
▶︎おすすめの転職エージェントについて【実際に評判を聞いたことがある会社だけ】
カンタン30秒カンタン30秒!無料転職相談はこちら未来を切り開く
20代の上京特化型支援サービス
リモート転職は、地方から東京に上京する20代の若者に特化して仕事と住まいの支援をしています。地方からの不安な上京を2人3脚で伴走します。
カンタン30秒!無料転職相談はこちら