2019.11.05上京

上京支援サービスを利用するべき人とは?【おすすめのサービスを紹介します】

「就職・転職を機に上京したい」

「でも、いざ上京するとなると費用や転職活動が不安、、」

今回は、そんな悩みにお答えします。

 

こんにちは、上京を支援するリモート転職を運営する株式会社Carions代表の山下です。

上京にかかる費用や、転職活動が上手くいくかどうか不安に感じている人は非常に多いです。

そこで、今回は私自身が大阪や福岡で上京支援イベントを開催したり、300名以上の上京希望者と話してきた経験から

「上京支援サービスを利用すべき人」と「おすすめの上京支援サービス」について、ご紹介します。

上京を検討している方は、参考にしてみてください。

<リモート転職が開催した過去の上京支援セミナーの様子です>

 

上京支援サービスとは?

まず、”上京支援サービス”についてご紹介します。

上京支援サービスは、上京を目指す方に特化して就職・転職を支援しているサービスです。

など、上京する方の痒い所に手が届くサービスです。

 

上京支援サービスを利用すべき人とは?

上京支援サービスを利用すべき人とはどのような人でしょうか。

3つ、挙げてみました。

上京支援サービスを利用するべき人
1、とにかくすぐに上京したい
2、上京についての詳しい情報を知りたい
3、何から準備していいかわからない

 

それぞれ、説明していきます。

 

とにかくすぐに上京したい

1つ目が、すぐに上京したいという方です。

上京支援サービスでは、シェアハウスなどの住まいを提供するサービスがあります。

シェアハウスは、ほとんど初期費用がかからずに東京で住むことができます。

まだ仕事が決まっていない場合でも、東京ですぐに住み始めることができるため

すぐに東京に住み始めて、それから仕事を探すことが可能です。

そのため、貯金が少ない方でも上京することができます。

上京は何かとお金がかかるため、すぐに上京したいという方は上京支援サービスを利用するべきかと思います。

上京を節約の方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

【関連記事】
▶︎上京の費用は最低60万円?引っ越し費用や交通費などの節約方法や準備方法についてまとめました

 

上京について詳しい情報を知りたい

2つ目は、上京について詳しい情報を知りたいという方です。

普段、上京を希望する方と話していると「まだ上京するか悩んでいる」という声も多いです。

上京支援サービスでは、「絶対に上京する」と決めている方だけでなく、まだ悩んでいる方も電話面談が可能です。

面談相手は、何人もの上京する方とお話をしています。

そのため、一人でモヤモヤしているより、一度相談をしてみて、上京する方の事例を聞いたり、情報を集めることは非常に有効な手段です。

>>https://tokyo-dive.com/(無料相談可)

 

何から準備していいかわからない

3つ目は、何から準備していいかわからないという方です。

上京支援サービスでは、上京に特化しているからこそ、上京に必要な準備の手順などを詳しく説明してもらうことができます。

通常の転職サービスは、上京する人に特化して支援しているわけではないので

上京にかかる期間や費用などについて、正確に把握していないことも多くあります。

そのため、上京する方ならではの悩みを理解している上京支援サービスの方が、何から準備をしていいかわからない方にとっては安心です。

 

上京する方におすすめする上京支援サービス

それでは本題の、”上京する方におすすめする上京支援サービス”についてご紹介します。

  1. Tokyo Dive
  2. アウスタ(現地相談可)
  3. リモート転職

それぞれ、説明します。

 

Tokyo Dive

1つ目は、Tokyo Diveです。

TokyoDive(トーキョーダイブ)の特徴は仕事探しと住まい探しが同時にできることです。

すぐに東京の提携シェアハウスに住んで、そのあとで仕事を探すことができます。

そのため、「どの家に住もう、、」と頭を悩ませることはありません。

求人は、未経験歓迎の派遣求人に強みを持っています。

そのため、まずは東京で生活しながら経験を積みたいという方は登録必須のサービスです。

提供しているシェアハウスは初期費用無料のため、安心して上京することができます。

住まいも3万円の家賃補助が出るため、まさに至れり尽くせりのサービスです。

>>https://tokyo-dive.com/(公式サイト)

【関連記事】
▶︎トーキョーダイブを利用するメリットについて

 

アウスタ(現地相談可能)

アウスタは、20代に特化して就職支援・転職支援をしている会社です。

アウスタの最大の特徴は、現地での対面相談とオンライン相談の両方が可能な点です。

弊社の上京支援サービスとコラボレーションをしており、「札幌・函館・新潟・名古屋」の4拠点で、対面相談が可能です。

私自身、たくさんの転職エージェントとのお付き合いがありますが、アウスタの社員の方は非常に手厚い面談をすることが特徴で、やりすぎじゃない?と思うくらい親切です。

実際に利用した方からの評判も高いので、一度お話してみる価値はあります。

>>【札幌・函館・新潟・名古屋エリア対応】対面相談orオンライン相談申し込み

 

リモート転職

リモート転職は、地方から上京する20代の転職支援に強みを持っています。

国家資格キャリアコンサルタントが、志望動機や自己PRのブラッシュアップなどの面接対策を丁寧に行なっています。

大企業に入社した後に、地方配属になった方を始め、最近では金融機関やMR、人材業界で勤務している方からのご相談が増えています。

また、未経験から正社員に挑戦する方やフリーランスエンジニアを目指す方の支援もしています。

求人は、東証一部上場の大企業や、急成長中のIT・WEBベンチャー業界など、業界・業種問わずご紹介可能です。

職種は、マーケティング・企画・営業・人事・広報・ITエンジニアなどに幅広くご紹介が可能で、複数の転職エージェントと提携しているため、自社求人だけでなく客観的な支援をすることが強みです。

>>https://remote-tenshoku.jp

総合型の転職エージェントの登録も必須

地方からの上京を成功させている方の特徴は、「複数サービスを利用していること」です。

例えば、キャリアアップを目指す方であれば、上京支援サービスと総合型の大手転職エージェントをそれぞれ1つずつ利用している場合が多いです。

また、社会人経験が浅めの方は、上京支援サービスと経験浅めの方を支援する転職エージェントをそれぞれ1つ以上ずつ利用することをオススメします。

そこで、ここでは「総合型の大手転職エージェントと社会人経験が浅めの方におすすめする転職エージェント」についてご紹介します。

 

①総合型の大手転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、圧倒的な営業力で企業との関係性を構築しているため、求人数がとても豊富です。

人材業界最大手なため、中小の転職エージェントが保有していない超大手企業の求人や採用数が少ない人気企業の求人など、幅広く求人を薦めてもらうことができます。

ただし、提案される求人はあなたの条件に合わせてシステム的にマッチングをしているため、ピンポイントでマッチしていない求人が混ざっている場合もあるかもしれません。

しかし、そんな求人との出会いが意外と自分自身の転職への考え方を変えてしまうケースもあるので、たくさんの求人の提案をもらうことができるリクルートエージェントに登録しておくことは必須かと思います。

>>https://www.r-agent.com/(公式サイト)

 

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラスの方は登録必須のサービスです。

履歴書、職務経歴書の情報を登録するとヘッドハンターからスカウトが飛んできます。

私は2年目の頃に登録をしましたが、3年目頃から届くスカウトの量が一気に増えました。

きちんと、プロフィールをみた上でスカウトをもらえることも嬉しかったですし、2,500名を超えるヘッドハンターが登録されていますので、希望に合わせて検索してみることも可能です。

>>https://www.bizreach.jp/(公式サイト)

 

パソナキャリア

パソナキャリアは、独占求人を多く保有している特徴があります。

パソナキャリアは、利益より社会貢献を大事にしている傾向があります。実際、友人でもソナグループに勤務している方は穏やかで温かい方が本当に多いです。

また、私自身が新卒の就職活動でパソナキャリアの説明会に参加し、社会への貢献意欲の強さに感動したことを覚えています。

非常に大手の人材会社ですので、業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人を保有しているため、登録しておいて損はありません。

>>https://www.pasonacareer.jp(公式サイト)

 

doda

dodaは人材業界大手のパーソルグループが運営している転職エージェントです。

「面接対策などのサポートに熱心な方が多く、寄り添ってくれる」と耳にすることが多くあります。

実は私も社会人になりたての頃に試しに相談をしたことがありますが、

決して転職を無理やり勧めるのではなく、親身になってキャリアプランについてアドバイスをいただきました。あの頃の担当者には、心から感謝しています。

こちらも非常に多くの求人があなたに推薦されるため、選択肢に困ることはきっとないと思います。

>>https://doda.jp/(公式サイト)

②キャリアが浅めの方におすすめ転職エージェント

UZUZ

ウズキャリは第二新卒・既卒・フリーターなどの支援に強いUZUZが提供するサービスです。

個別サポートと集団対策を選ぶことができるサービスで、もちろんどちらも完全無料です。私も何度もオフィスに訪れていますが、非常に活気があり、明るい雰囲気で面談している様子が印象的です。

入社した方の生の声を元に入社後の働き方や満足度もお伝えするので、入社後のイメージが湧きやすい。

一人にかける面談時間はなんと20時間以上で若手のキャリアアドバイザーや、実際に第二新卒での転職を経験されている方が多く、相談者の境遇を理解してくれることも強みです。

もちろんウズキャリでもSkype面談も可能で、未経験からITエンジニアへのチャレンジのサポートも手厚いため、既卒・第二新卒の方やこれからITエンジニアを目指したい方は必ず登録しておくことをお薦めします。

>>https://daini2.co.jp/(公式サイト)

 

キャリアスタート

キャリアスタートは正社員未経験の方や第二新卒の支援に強みを持つ企業です。

スピーディな対応と手厚いサポートが強みで、こちらも何度かオフィスにお邪魔していますが、熱心なキャリアアドバイザーの方達が非常に多い会社です。

社会人経験の浅い方や正社員未経験の方に対しても、強みを引き出すために、丁寧にアドバイスしているキャリアアドバイザーの姿が非常に印象的です。

営業職の案件に強い会社で、未経験からでも挑戦できる営業職の求人など、年収を大幅にアップさせた事例を多く持っています。

キャリアアップしていきたい人には、オススメの転職エージェントです。

>https://careerstart.co.jp/(公式サイト)

 

マイナビ

マイナビは、リクルートエージェントやdodaに次ぐ、求人数を保有しています。

また、マイナビを利用した方からの話によると経験浅目の第二新卒の方や、正社員未経験の方でもバリエーション豊かな求人提案をもらったということでした。

30代以上の方やハイキャリア求人を望む方には物足りないかもしれませんが、経験が浅目の方は登録必須のサービスです。

>>https://mynavi-agent.jp/(公式サイト)

転職エージェントを活用する際の注意点

転職エージェントを活用する際は、注意点もあります

それは、転職エージェントの言葉に流されすぎるのではなく、意思決定を慎重に行うことです。

転職エージェントのビジネスモデルは、相談者が転職に成功し、入社して初めて入社先企業から売上が発生します。

そのため、担当者によっては企業を強引に薦めてくる場合があります。

そこで、一歩立ち止まって企業に入社した際のメリット・デメリットを整理し、入社するかどうかを冷静に判断することをお薦めします。

また、転職エージェントの担当者との相性も気をつけるポイントです。

人と人とのコミュニケーションだからこそ、相性が合う合わないはきっとあるでしょう。

例えば、スピードを重視したマッチングをする担当者もいれば、丁寧さや納得感を重視する担当者もいます。どちらが良い悪いではないので、自分にマッチした担当者を見つけることが重要です。

 

まとめ

今回の記事では、「上京支援サービスを利用すべき人とおすすめの上京支援サービス」について、ご紹介しました。

就職や転職支援のサービスは非常にたくさんあるので、結局どのサービスを利用するかどうかを決めることはすごく難しいです。

だからこそ、私自身人材業界に身を置き、あらゆる転職エージェントの情報を持っている強みを生かして、より多くの人に伝えられたらと思っています。

地方から上京を目指す方は、東京で転職する方に比べて大変なことが多いですが、自分に合った転職の方法を見つけて、成功してほしいと心から願っています。

関連記事

【関連記事】
▶︎おすすめの転職エージェントについて【実際に評判を聞いたことがある会社だけ】
▶︎地方の第二新卒・既卒・フリーターにおすすめする転職エージェントまとめました
カンタン30秒カンタン30秒!無料転職相談はこちら未来を切り開く
20代の上京特化型支援サービス
リモート転職は、地方から東京に上京する20代の若者に特化して仕事と住まいの支援をしています。地方からの不安な上京を2人3脚で伴走します。
カンタン30秒!無料転職相談はこちら