2019.04.16転職

地方銀行からの転職についてまとめてみました。上京転職する地方銀行員【現役エージェントから見た】

 

「地方銀行から転職したいけど、実際どんなところに転職していますか?」

とよく聞かれるので、この記事でまとめてみます。

こんにちは、上京を支援するリモート転職を運営する株式会社Carions代表の山下です。

 

地方銀行は、「安定している」という理由で、就活生から非常に人気でした。

私の身近な友人でも、関西の「みなと銀行」や「関西アーバン銀行」など様々な地方銀行に入行しています。

しかし、最近ではAIの進化や地銀の再編により、将来性が不安という声をかなりよく耳にします。

そこで、今回は地方銀行からの転職先と転職先の選び方についてご紹介していきます。

直近でも、実際に地方銀行や証券会社、生命保険などの金融機関の方の支援を成功させていますので、ぜひ参考にしてみてください。

ちなみに、地方銀行の方で自分自身の市場価値を確かめたい方はビズリーチに履歴書・職務経歴書を登録してスカウトを受け取ることをおすすめしています。
>>地方銀行からの転職でおすすめのサービスはこちら

 

地方銀行からの転職理由BEST3とは?

まず、地方銀行から転職を検討する理由は、大きく3つ挙げられるようです。

それぞれ、説明していきます。

 

①将来のキャリアが不安になる

1つ目は、将来のキャリアが不安になるという理由です。

きっと共感している方も多いはずです。

「安定しているから」という理由で選んだはずですが、市場は決して伸びているとは言えません。

実際に金融庁のHPをみても、平成28年度の決算で過半数が本業利益で赤字というデータがありました。(出典 https://www.fsa.go.jp/common/ronten/index_2.html)

終身雇用が崩壊しつつある現代において、

「地方銀行で働くことで得られるスキルってなんだろう?」と不安になる方は少なくないです。

 

②ノルマが厳しすぎる

2つ目は、ノルマが厳しすぎるという理由です。

地方銀行の営業は、売る商品が細かく決められて、それぞれの商品に対してノルマを課されることが多いです。

よく耳にする話では、銀行として注力したい商品が決まっているので、本当に顧客が求めているものではない商品も営業をする必要があります。

だからこそ、「これってお客様のためになっているのだろうかと日々感じてしまう、、」と悩みます。

特に、少しずつ業務に慣れ始めた2年目〜5年目で違和感を感じる方が多く、

「もっと本質的な営業がしたい」という相談はかなり頻繁です。

 

③古い企業体質に嫌気がさしてしまう

3つ目は、古い企業体質に嫌気がさしてしまうという理由です。

地方銀行は、転居を伴う転勤もほとんどなく、給与や福利厚生、休暇などの待遇面では優れていると言えます。

しかし、年功序列の風土は未だに強く、煩わしい社内政治や飲み会に嫌気をさす方も多いなと感じます。

「ガチガチに縛られた環境で働きたくない、」と感じる方は多く、東京のITベンチャー企業で働く友人が、私服でフレックス制で働いている話などを聞くと余計にその思いは増しているようです。

 

転職のタイミングの見極め方

入社3年目の3月末での転職を検討される方が、比較的多い傾向にあります。

「とりあえず3年」と入行される方が多いことが、理由の1つのようです。

地方銀行員は、真面目にコツコツと取り組む方が多く、転職市場では評価される傾向にあります。

実際に、新卒では割と人気な企業の人事の方からもピンポイントで、「地方銀行出身の若手いない?」と連絡が来たりします。

入社5年目ほどであれば、未経験の職種でもポテンシャル採用の可能性は多いにあります。

しかし、年次が上になればなるほど、年収と経験がアンバランスになることも事実です。

早めに動かないとやばい?と思っている方はこちらの記事で解説しているので、参考にしてみてください。

>>【ラストチャンス?】上京して転職する年齢は20代がおすすめである理由

 

地方銀行員の転職先について

では、実際にどのような転職先を選んでいるのでしょうか。

実は結構バラバラなので、一概には転職先を言えません。

そこで、総合職一般職に分けて、簡単に説明していきます。

 

総合職の転職先について

  1. IT系企業の営業・企画
  2. 人材系企業の営業・企画
  3. 金融系の営業
  4. 外資系金融
  5. 経理
  6. コンサルティング業界

地方銀行の総合職の転職先は、非常に多岐に渡ります。

同じ金融系の業界に進む方は意外と少なく、異業種や異職種へのキャリアチェンジが多いです。

きっと、少なからず金融業界に対して、ネガティブな思いを持って転職するので、当然と言えば当然です。

金融業界が好きな方は、外資系金融に挑戦したり、M&A業界、コンサルティング業界に挑戦したりもしますが、やはり狭き門だなと感じます。

先ほども申し上げましたが、総合職の方は企業から高い評価を受ける傾向があります。

若いうちから厳しいルールやノルマの中で鍛え抜かれている方が多いですし、高い評価を受ける理由は納得です。

仕事に対して真面目に取り組む姿勢や、落ち着きがある方が多く、実際に入社後も活躍している傾向にあります。

 

一般職の転職先について

  1. 一般事務
  2. 営業事務
  3. 法人営業
  4. 総合職
  5. 経理アシスタント
  6. 受付
  7. 秘書
  8. 人事

銀行の一般職の経験者は、煩雑な事務処理を要求されるため、重宝されやすいです。

転職において、一般事務などの正社員の求人は非常に人気ですが、銀行の経験者は有利だと言えます。

また、対人コミュニケーションも身につくため、法人営業などの仕事にキャリアチェンジも可能です。

社内での調整力や、業務の正確さなどを転職先で生かしているケースが多いです。

 

地方銀行の方におすすめの転職エージェントついて

いざ、転職を始めようとしてもたくさん転職サービスはあるので迷うと思います。

私は、普段転職エージェントとして動いていますが、地方銀行の方と比較的相性が良さそうな転職エージェントをまとめておきます。

 

1、まずはハイクラス向けのビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラスの方向けのサービスですので、地方銀行で総合職として勤務されている方は登録しておくべきです。

履歴書、職務経歴書の情報をみて、ヘッドハンターからスカウトが飛んできます。

企業は国内外の優良・成長企業が多く、会員制ならではの普段あまり見かけない非公開求人やポジションも多数あることや

きちんと、プロフィールをみた上でスカウトを受けられるので、地方銀行の経験と今後の希望を考慮した提案をもらえるはずです。

>https://www.bizreach.jp/

 

2、幅広く探すならリクルートエージェント

リクルートエージェントは、圧倒的な営業力で企業との関係性を構築しているため、求人数がとても豊富です。

人材業界最大手なため、中小エージェントが保有していない超大手企業の求人や採用数が少ない人気企業の求人など、幅広く求人を薦めてもらうことができます。

そのため、こちらは総合職の方も一般職の方も登録必須です。

ただし、提案される求人はあなたの条件に合わせてシステム的にマッチングをしているため、ピンポイントでマッチしていない求人が混ざっている場合もあるかもしれません。

しかし、そんな求人との出会いが意外と自分自身の転職への考え方を変えてしまうケースもあるので、登録必須かと思います。

こちらは、ビズリーチと並行して使う方が多いです。

>>https://www.r-agent.com/

 

3、WEB系にキャリアチェンジならシンアド転職エージェント

シンアドエージェントは営業職からマーケや企画にキャリアチェンジしたい方が登録する転職エージェントです。

広告・PR・デジタル業界に強みを持っており、地方銀行の営業を経験した方が広告・PRデジタル業界に未経験で挑戦することも割とあります。

ちなみに先日、こちらのサービスを利用した方から「担当者が”いい意味で商売っ気がなかった”」という声を聞きました。

Skype面談も対応しているので、キャリアチェンジする方にはおすすめです。

>>https://syn-ad.com/career/marketer/

4、上京に特化して支援を受けるならリモート転職

リモート転職は、上京に特化して転職支援を行なっています。

サービス開始当初から、地方の金融機関の方からのご相談が多いこともあり、よりリアルなお話ができます。

また、地方銀行の方ならではの「休みが取りづらい」などの悩みに最大限に配慮して、面接の設定を行なっています。

上京に特化しているからこそ、引っ越しや住まいの支援や日帰りの面接の手配など、地方の方の不安に配慮した支援ができます。

求人は、大手人材系企業や、急成長中のIT・WEBベンチャー業界など、業界問わずご紹介が可能です。

職種も、マーケティング・企画・営業・人事・広報・ITエンジニアなどに幅広くご紹介が可能で、複数の転職エージェントと提携しているため、自社求人だけでなく客観的な支援をすることが可能です。

>>https://remote-tenshoku.jp

 

まとめ

2019年に入って、ますます地方銀行員の転職が活発になっていることを感じます。

きっとこれからも、時代の変化に応じて不安も大きくなることだと思います。

必要以上に焦りを募らせるつもりはありませんが、モヤモヤしたまま年数が過ぎて行くと

年収と経験がアンバランスになり、転職のチャンスを逃す可能性もあります。

少しでもアクションを起こしたいという方であれば、早めのアクションをおすすめします。

人気記事:【BEST5】上京して東京で働きたい本音の理由とは?

人気記事:【200人に聞いた】東京への上京転職を後悔した9つの理由と後悔しないためのコツとは?

カンタン30秒カンタン30秒!無料転職相談はこちら未来を切り開く
20代の上京特化型支援サービス
リモート転職は、地方から東京に上京する20代の若者に特化して仕事と住まいの支援をしています。地方からの不安な上京を2人3脚で伴走します。
カンタン30秒!無料転職相談はこちら