2019.09.30上京

福岡から上京する方が感じる東京と福岡の違い【転職や上京費用の準備は必須】

「福岡から上京したい」

今回は、そんな内容についてお話ししていきます。

 

こんにちは、上京を支援するリモート転職を運営する株式会社Carions代表の山下です。

福岡から上京をする方は、非常に多く上京転職LABOでも、福岡から見ているユーザーや申し込んでくださる方の数は大阪の次に多いです。

昨年、福岡で上京者向けのイベントを開催した際も多くの方が参加してくださいました。

福岡の方は、地元愛が強いことが印象的で、上京する際は寂しい思いをしているようです。

そこで、今回は「福岡から上京する方に向けて、福岡から上京すると感じる福岡と東京の違いと東京で働くメリット・デメリットについて」ご紹介します。

福岡から上京を考えている方は、参考にしてみてください。

 

福岡から上京すると感じる福岡と東京の違い

福岡から上京すると様々な違いを感じるはずですが、その中でも特に

の2つに戸惑う方が多い印象を受けています。

それぞれ、説明していきます。

 

言葉の違い

1番は、やはり話す言葉の違いです。

福岡県民が話す言葉と、東京の標準語は大きく違います。

福岡で普通に話している言葉が、東京で通じないことに戸惑う方は非常に多くいます。

「あーね」は今でこそ、若者言葉として、東京でも有名ですが

「ちかっぱ」「ならねー」などの言葉は一切通じないと思っていた方がいいです。

また、「なるほどですね」も東京の人からすると違和感があります。

 

文化の違い

2つ目は、福岡と東京の文化の違いです。

例えば、バスの並び方にも違いがあります。

福岡だと複数の路線のバスが同じ停留所に止まるため、乗車口に並ぶ人は、ほとんどいません。

しかし、東京ではバスの乗車口を先頭に綺麗に列を作って乗り込んでいきます。

福岡の人だと、整列しながらバスに乗り込んでいく光景をみて驚きます。

また、福岡ではバスの乗車口が後方にありますが、東京では前方ドアから乗り込みます。

 

福岡から上京して働くメリット

東京と福岡は、様々な違いがありますが、上京したいと考えている方であれば

働く上でのメリット・デメリットについて考えておくべきかと思います。

それぞれ、説明していきます。

 

東京は求人数が多い

1つ目は、求人の数が圧倒的に多いということです。

福岡は他の地方と比較すると、求人数は多いです。

しかし、東京の求人数とは比べ物になりません。

転職エージェントに相談して、求人を探してもらうと「東京にはこんなにたくさん求人があるのか」と驚く方が非常に多いです。

【関連記事】
▶︎おすすめの転職エージェントについて【実際に評判を聞いたことがある会社だけ】
▶︎地方の第二新卒・既卒・フリーターにおすすめする転職エージェントまとめました

 

目標を叶えるチャンスが溢れている

2つ目は、東京には目標を叶えるチャンスが溢れていれている。

東京は、様々なチャンスが溢れています。

福岡から上京している有名人だと、最も有名なのがタモリさんだと思います。

他にも、アイドルの橋本環奈さんやお笑い芸人の博多華丸・大吉さんなどがいますし、

またビジネスの分野でも、堀江貴文さんや家入一真さん、大前研一さんなど錚々たる方が福岡から上京して、活躍しています。

 

未経験から挑戦できる仕事が多い

3つ目は、東京には未経験から挑戦できる仕事が多いことです。

最近では、福岡でも若者が働く場が増えています。

しかし、やはり東京の環境とは比べ物になりません。

また、東京では未経験から挑戦できる仕事が非常に多く、

例えば、将来食いっぱぐれないスキルを身に付けたい、という方であれば未経験からでもエンジニアに挑戦できるチャンスがあります。

未経験からエンジニアになりたい方は、こちらの記事を参考にして見てください。

【関連記事】
▶︎未経験からエンジニアを目指す人は上京がおすすめ【地方のエンジニア志望の人にみて欲しい】

 

 

福岡から上京して働くデメリット

福岡を出て東京で働く際には、メリットだけでなくデメリットもあります。

デメリットとして、

の2つが挙げられるかと思います。

それぞれ、説明していきます。

 

地元が恋しい

1つ目は、地元が恋しいという気持ちを味わうことです。

福岡の方は、地元愛が強い方が多いです。

だからこそ、仲良い友達や家族と離れることがきっと寂しいと思います。

上京したばかりの頃は、福岡に帰りたいと思うこともきっとあるでしょう。

 

競争が激しい

2つ目は、競争が激しいことです。

福岡に比べて、東京は求人数が多く活躍できるチャンスが多いです。

一方で、その分ライバルもたくさんいます。

アルバイトや仕事の面接でも、常に他の方と比べられることになります。

そのため、「ただ東京に憧れがある」という理由だけでは、選考に受かりません。

”なぜ東京で働きたいのか?”、”東京で何を実現したいのか?”と言った目的の部分をきちんと準備しておく必要があります。

 

福岡から上京する際に準備しておくべきこと

競争が激しいという話をしましたが、

福岡から上京する際に準備しておくべきこととして、

の2つが挙げられます。

 

費用の準備

1つ目は、費用の準備です。

福岡から上京するには、費用がかかります。

選考での交通費・宿泊費、引っ越し費用、家賃、生活費など諸々含めると65万円以上の貯金はあった方が安心です。

上京にかかる費用については、こちらの記事を参考にしていただければと思いますが

「できるだけ安く、早く上京したい」という方は、無料で住まいを提供してもらいながら仕事を探すことのできるサービスもあるので利用するべきです。

>>気軽に東京体験【TokyoDive】(トーキョーダイブ)公式サイト

【関連記事】
▶︎トーキョーダイブを利用するメリットについて

 

転職の準備

2つ目は、転職の準備です。

上京に失敗する人の後悔として最も多いのが、転職の準備を怠っているパターンです。

先ほども話したように、転職での面接で失敗する方は、

「なんとなく東京に憧れがあって、、」という回答や「東京に彼氏・彼女がいるから」という回答をして落ちてしまいます。

転職活動の選考では、転職・上京の目的や覚悟、そしてあなたの強みについて深掘りされます。

決して、一人で行うのではなく、プロの力を借りながら転職活動を進めていくべきですので、転職エージェントなどを頼って進めていく方がいいと思います。

【関連記事】
▶︎おすすめの転職エージェントについて【実際に評判を聞いたことがある会社だけ】
▶︎地方の第二新卒・既卒・フリーターにおすすめする転職エージェントまとめました

 

まとめ

今回は、福岡から上京する方に向けて、福岡と東京の違いと東京で働くメリット・デメリットについてご紹介しました。

福岡から上京する方は、非常に多いです。

しかし、ただなんとなくの気持ちで挑んでしまって失敗に終わってしまう前に、

東京で働くことのメリット・デメリットを理解して、きちんと準備をした上で上京することをおすすめします。

ちなみに、リモート転職では、福岡から上京する方の転職実績もあります。

上京に関するサポートができますので、ぜひ気軽にお申し込みください。

関連記事

【関連記事】
▶︎ 迷っているなら東京で就職しよう【新卒は東京で働くべき?】
▶︎上京して東京で働きたい本音の理由-best5
カンタン30秒カンタン30秒!無料転職相談はこちら未来を切り開く
20代の上京特化型支援サービス
リモート転職は、地方から東京に上京する20代の若者に特化して仕事と住まいの支援をしています。地方からの不安な上京を2人3脚で伴走します。
カンタン30秒!無料転職相談はこちら