2018.01.06転職ノウハウ

【面接対策】上京転職する転職者が面接の場で大事にしたい4つの心構え

「なぜ、あなたは地方から東京に上京するのですか?」

地方から上京する転職者が面接の場で必ず面接官に聞かれる質問です。

私が「リモート転職」のサービスを通して、20代の上京したい方と面談をする中で、この質問に対してうまく答えられないという悩みをよく聞きます。

20代の上京を支援するリモート転職のサービス説明はこちら

面接官がこの質問をすることには大きな意味があり、面接において最も重要な質問といっても過言ではありません。

「どこまで面接で本音を言えばいいのだろう」「他にどんなことを聞かれるんだろう」

と不安に思っている方も多くいるはずです。

今回の記事では上京転職を目指す若者と企業の採用担当者と日々顔を合わせている私が、

実際の例もご紹介しながら上京転職する転職者が面接の場で大事にしたい4つの心構えについてまとめてみました。

面接が不安な方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

面接官(採用担当者)の質問の狙いは本気度が知りたい

実際に面接を担当している大手企業の人事の方にインタビューしたところ

「なぜ、あなたは地方から東京に上京するのですか?」と聞く主な理由は、上京に対する本気度が知りたいということのようです。

 

上京に対する本気度が知りたい

東京に「憧れ」を抱いて上京する方は多くいます。

しかし、東京に来ること自体が目的になってしまうと非常に危険です。

なぜなら東京に来るという目的が達成されるとやる気がなくなってしまうのではないかと面接官に思われる可能性があるからです。

面接官は上京の理由を聞くことであなたの本気度をみています。

 

実際に面接で落ちてしまった2つの失敗例

実際に面接で落ちてしまっていた2つの失敗例をご紹介します。

 

失敗例①:四国から上京を検討していたAさん(25歳男性)の場合

Aさんからは、「何社も面接に受けているけど中々面接に受からない」という相談を受けました。

面接に落ちてしまう原因を探るために、どんな内容を面接でお話しているのかを聞くと

「東京に憧れがあるから」と答えていることがわかりました。

 

失敗例②:九州から上京を検討していたBさん(24歳女性)の場合

Bさんからも、「面接が思うように進まない」という相談を受けました。

どんな内容を面接でお話ししているのかを聞くと

「趣味のアニメのイベントが東京でたくさん開催されるからです」と答えていることがわかりました。

 

 

上京転職する人が面接の場で大事にしたい4つの心構え

AさんとBさんは結果的に複数の企業から内定を獲得し、現在は東京で生き生きと働いています。

面接の場で本音お話しすることは重要です。しかしAさんとBさんのように東京への憧れ趣味といった理由だと、本気度が低いと思われてしまいます。

そこでAさんに面接の場で上京転職する人が面接の場で大事にしたい心構えについてお伝えした結果、複数の企業からの内定を獲得し、現在は東京で生き生きと働いています。

では、どのように回答すると面接官に本気度が伝わるのでしょうか。

上京転職する人が面接の場で大事にしたい心構えには、この4つが挙げられます。

 

心構え①:仕事面での上京したい理由を伝える

上京転職する人が面接で大事にしたい心構えの1つ目は、「仕事面での上京したい理由を伝える」です。

「趣味が充実できそうだから」などのプライベート面での理由を面接の場で話すと本気度が低いと捉えられてしまう場合があります。

また「東京への憧れがあるから」という理由も東京に来ることで目的が達成されてしまうためすぐに飽きてしまうのではないかと思われてしまいます。

遊ぶために東京にきている人を採用したい企業はありません。

「日本のビジネスの中心地でスピード感を持って成長していきたい」「東京で規模の大きな仕事に携わりたい」

など仕事面での上京したい理由を必ず伝えましょう。

 

心構え②:上京までの事前準備と将来設計を伝える

上京するために、事前準備をしていることを伝えましょう。

資金を貯めていることや上京のために勉強している内容など、具体的にどんなことをしていたのかを伝えることで本気度を伝える材料になります。

また、上京してからどうしていきたいのかの将来設計を伝えることで、具体的に上京後のことをイメージしていることが面接官に伝わります。

 

心構え③:企業について入念に情報収集する

受験企業については徹底的に情報収集をしましょう。

WEBサイトや求人情報を見るだけで止まっていないでしょうか?

転職は人生において非常に重要な決断です。自分自身が受ける企業について事前に集められる情報は全て集めておいた方が良いです。

上場企業であれば、企業サイト内にIR情報という財務状況や事業戦略などの情報が掲載されています。

また、書籍では就職四季報などを見ておくことをオススメします。

とにかくインターネットや書籍を通じて選考を受ける企業について下調べしましょう。

 

心構え④:逆質問を事前に考えてメモしておく

面接の最後に「何か質問はありますか?」と面接官に質問される場合が多くあります。

実はこの逆質問は本気度を図る質問とも言われており、「何もありません」と答えてしまっては面接官に企業への本気度が低いと思われてしまいます。

もちろん面接の中で気になったことを質問できればいいのですが、面接の場では緊張してしまって上手く質問が出てこない可能性もあります。

いざという時に備えて、逆質問したい項目を事前にメモしておきましょう。

逆質問の例を2つ挙げます。

さりげなく自分の長所をアピールしたり、将来への意欲を伝えると印象はアップします。

逆に事前に調べたら分かる内容を聞くことはマイナスの印象になるので避けましょう。

 

 

転職活動の面接で面接官に質問される主な内容

他に、面接ではどのようなことが聞かれるのでしょうか。

面接の場において、企業が知りたいことは大きく分けて自己PR志望動機の2つです。

つまり、面接とは、自分はどのような人間どのように企業に貢献できるのか、もしくは貢献していくのかを伝える場であると言えます。

そこで面接で主に質問される4つの項目をまとめてみました。

それぞれ簡単に説明していきます。

 

主な内容①:自己PR・自己紹介

面接ではまず始めに自己紹介を求められます。

ここではあなたの第一印象が見られています。

長くなりすぎないように、1分程度で最終学歴と新卒で入社した会社の説明、事業内容、業務内容を簡潔にお話した上で「本日はよろしくお願いします」と締めます。

自己紹介で採用の合否が決まることはありませんが、第一印象は非常に重要です。

「表情」「視線」「話し方」「聞き方」「姿勢」などいつも以上に意識することがポイントです。

 

主な内容②:前職の仕事内容

前職の仕事内容の質問では、これまでの仕事とどのように向き合っていたかどうかを見られています。

仕事内容について、事前に簡潔に説明できるようにしておきましょう。

などを整理して話せるようにしておくといいです。

前職の仕事内容を話すとついつい愚痴っぽくなってしまいがちです。

前職のネガティブなポイントを愚痴っぽく話すことは必ず避けましょう。

 

主な内容③:退職理由

退職理由を聞くことで面接官は主に以下の3つのポイントを確認しています。

 

退職理由を偽る必要はありません、しかし、伝え方によってはマイナスに捉えられてしまいます。

退職理由が客観的に納得できる理由であるかどうかを意識して、事前にまとめておきましょう。

 

主な内容④:これからどんな仕事をしたいのか

この質問では、あなたがやりたいこと企業が求めていることの間でミスマッチがないかどうかを見ています。

地方から上京転職される方は、短期間で決着をつけたいと思ってしまい「とにかく内定を取らないと」という焦りがちです。

そのため企業に合わせすぎた志望動機を話してしまうことが多くあります。

自分自身を偽って、企業に合わせた形で内定をもらうと、入社してからが非常に大変です。

できるだけ本音に基づいて、入社後についてどう考えているかを話しましょう。

 

まとめ

いかがでしたか。

今回は、上京転職する転職者が面接の場で大事にしたい4つの心構えと転職活動の面接で面接官に質問される主な内容についてご紹介しました。

上京転職の面接ではただ憧れで東京に来ただけではなく、東京でどう働いていきたいかを伝えることが重要なようです。

リモート転職では、あなたの上京したい理由に合わせて無料で面接対策を行なっています。

面接が不安だと思う方は、一緒に志望動機を考えていきますのでぜひ一度お問い合わせください。

 

カンタン30秒カンタン30秒!無料転職相談はこちら未来を切り開く
20代の上京特化型支援サービス
リモート転職は、地方から東京に上京する20代の若者に特化して仕事と住まいの支援をしています。
カンタン30秒!無料転職相談はこちら