東京への上京転職で後悔するポイントと、後悔しないための4つのコツ

「上京して後悔している人の例はありますか?」「後悔しないためのコツはありますか?」

地方での上京イベントを行うと、上京を目指す方からこのような質問をよく受けます。

今回の記事では、私が20代の若者の上京転職支援を行う中でよく聞く、上京転職で後悔するポイントと、上京転職を後悔しないためのコツについてご紹介します。

この記事を読めば、上京を後悔しないで成功させる方法を知ることが出来ます。

 

 

 

上京転職で後悔するポイントとは?

上京転職を後悔している方には、この4つが挙げられます。

  • 内定を取ることができない
  • 知り合いがいなくて寂しい
  • 満員電車に耐えられない
  • 生活費が高い

それぞれ、簡単に解説していきます。

 

・内定を取ることができない

内定を取れずに転職活動につまづくケースもあります。

”なんとなく””東京への憧れ”だけで転職活動を始めてしまうと面接で落ち続けてしまう可能性があるからです。

また、就職先が決まる前に、東京への引越しを済ませしまう方もいますが

東京での生活費がかさんで、結果的に地元に戻ってしまうこともあります。

 

・知り合いがいなくて寂しい

地方からの上京者が、共通して感じる後悔は、知り合いがいなくて寂しいということです。

なぜなら地元の友人や両親と離ればなれになってしまうからです。

上京したての頃は、仕事でも新しい環境への適応が求められ、精神的に厳しいこともあります。

そんな時に本音で相談したり、息抜きを一緒にできる友人がいないことは辛いかもしれません。

ホームシックにかかる人も多く、特に風邪を引いたときなどに頼れる人がいないと、孤独を感じて上京を後悔することもあります。

 

・満員電車に耐えられない

東京の満員電車は、慣れない人にとっては本当につらいです。

スマホを操作することすら出来ないくらい人が乗車していることもあります。

通勤に使う路線によりますが、朝の時間からおしくらまんじゅう状態で通勤することになるかもしれません。

慣れるまでに時間がかかるため、満員電車に乗るたびに上京を後悔するという声は、よく耳にします。

 

・生活費が高い

東京では生活費が、地方より多くかかります。

特に家賃が高いエリアに住むとワンルームで10万円とかかかってきます。

事前に下調べをせずに高い物件を借りてしまって、生活が苦しくなり、すぐに引っ越すことになった方もいます。

いかに生活費を安く済ませるかが、上京を後悔せず東京で過ごすためのポイントとなります。

 

 

 

上京転職を後悔しないためには?

では上京転職を後悔しないためにはどうすればいいのでしょう。

今回は、後悔しないための4つのコツをご紹介します。

  • 就職先を先に見つけておく
  • 家賃を抑える
  • 満員電車を避ける
  • イベントに積極的に参加する

それぞれ、簡単に解説していきます。

 

・就職先を先に見つけておく

上京転職では、家を決めるより先にお仕事を決めることをおすすめしています。

思い切って先に東京の家を借りてしまうと、想像以上にお金がかかります。

その結果、焦って就職活動をしてしまい、後悔してしまうケースを見てきました。

近年では、地方にいながらでも転職活動は進めることができます。

Skypeなどのオンラインでの面接を実施する企業も増えてきています。

最終面接などになると東京に来る必要がありますが、東京での家賃に比べると交通費の方が安いはずです。

まずは地方にいながら転職活動を進めて、仕事が決まってから家を探すようにしましょう。

 

・家賃を抑える

東京で暮らす際に一番負担となるのが家賃は極力抑えましょう。

家賃を抑えるためには、郊外に住むこと、シェアハウスに住むことの2つの方法があります。

それぞれ個別に説明していきます。

 

家賃を抑える方法①:郊外に住む

東京はエリアによって家賃の相場が、大きく変わります。

住むエリアによっては、6万円以下で住むこともできます。

東京に住んでいる友人や不動産会社にしっかりと確認した上で居住エリアを選びましょう。

もう1点、重要なポイントは、交通費と家賃のトータルで考えるということです。

家賃が安くても、よく使う駅までの交通費が高くては意味がありません。

できるだけ勤務地に近い郊外のエリアを選び、交通費と家賃のトータルを算出しましょう。

 

家賃を抑える方法②:シェアハウスに住む

地方からの上京者はシェアハウスに住む方が多くいます。

金額が3〜7万円ほどでリーズナブルに生活ができることに加えて

東京という知らない土地だからこそ、「早く友達を作りたい」と思う方がいるからです。

もし、他人との生活が苦にならないようであれば一つの選択肢として考えられるでしょう。

もちろんシェアハウスに何年も住まなければいけない訳ではないので、短期的に住む方もいます。

半年間だけシェアハウスに住んで、ある程度お金が溜まった時点で賃貸物件に引っ越すこともできます。

 

・満員電車を避ける

満員電車は慣れない方にとって、非常に強いストレスになります。

どうしても避けられない場合も多くありますが

比較的空いている沿線沿いに住むことや会社の近くに住むことで電車に乗る時間を短くすることはできます。

また、始発駅の近くに住むことで何本か見送ることで座りながら通勤することもできます。

時間に余裕を持って家をでなければいけませんが、満員電車で立って通勤するよりも良いかもしれません。

どこの沿線が空いているかなどは、東京に住んでいる友人や不動産会社に聞くことをオススメします。

 

・イベントに積極的に参加する

東京で知り合いを作るためにはイベントへの参加することをオススメします。

上京して良かったこととして「東京ではイベントが豊富にある」と答える方が多くいます。

趣味に関わるイベントから仕事のスキルアップに繋がる勉強会など様々なイベントが開催あります。

好きなイベントに参加して共通の趣味の友人や、同じ仕事をしている仲間を作ると不安で孤独な上京生活も安心かもしれません。

イベントの情報収集にはFacebookの利用をオススメしています。

Facebook上にたくさんのイベント情報があるだけでなく

イベント当日に出会った方とFacebookで友人になることもできるため

交友関係を広げるためには非常に有効なツールになります。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回の記事では「上京転職を後悔するポイントと後悔しないためのコツ」を紹介しました。

これであなたも、上京転職を後悔しないように対策を立てることが出来ます。

上京転職を検討している・上京転職に不安がある方は是非参考にして下さい。

 

 

※ 転職相談受付中(無料)

※ 転職相談受付中(無料)

上京転職ラボ(サービス名:リモート転職)では、東京への就職・転職を考えている方向けに相談を受け付けています。

「就職・転職」に関する悩みや、「上京」「東京」ならではの疑問など、転職希望者の幅広いご相談に対応しています。

対面・Web通話・電話でお話をお聞かせいただきます。費用はもちろん”無料”です。

 

転職相談をご希望の方は、以下の申し込みフォームからご連絡ください。

リモート転職の担当から、メールにて相談の日時を調整させていただきます。

*転職シーズンということもあり、相談申し込みが殺到しています。メール返信にお時間がかかる可能性があります。ご了承下さい。

 

 

【無料相談受付中】地方からの上京就職・転職説明会

地方からの上京就職・転職説明会